ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【雑談】親孝行の大切さについて考えてみたんだ♪~一体あとどれだけの時間親に会えるんだろう(´・ω・`)?ってリアルに考えてみた話~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

いやぁ、年末ですね!

突然ですが、皆さんの親御さんはご健在ですか???

社会人になって一人暮らしとか始めちゃうと、掃除も洗濯もお料理も自分でしないといけなくなっちゃうのでそこで初めて親の大切さというかありがたみ(まぁ家事だけじゃないでしょうが)を改めて感じちゃうことも多いと思います。

 

ということで今回はあとどのくらい親と会えたりすんだろなぁ・・・???

ってふっと気になったのと、元気なうちに親孝行したほうがいーかもなぁ・・・(´・ω・`) とちょっと考えてみたってお話です。

例えば下記のような状況でシミュレーションしてみます。

・年齢:大学新卒入社の社会人1年生⇒22歳

・住所:田舎から都会に出てきた⇒帰省には飛行機や新幹線要

・帰省頻度:年2回くらい⇒お盆と年末年始の計10日くらい

・会える期間:60歳になるくらいまでは親御さん健在

 

とまぁ、よくありがちなのはこんな感じかと思います。

上記はずーっと離れて暮らすってのが前提ですが、当てはめるとこんな感じの計算式になります。

・計算式:60-22年(期間) * 10日(日数)=380日!!!

 

おお!なんとなく少ないんじゃないかとは思っていましたがこーやって計算してみると新卒さんでも残り合計約1年程度しか親御さんと過ごせないという結果が出ました(´・ω・`)

ということは新卒さん以外の地方出身者の人はもっと会える時間は少ないってことです(´・ω・`)

 

高校までの18年間一緒に暮らしていたと想定すると、その18分の1しかもー過ごすことはできないんですね・・・

「帰省にかかる交通費が馬鹿になんないから今年は帰らない」とか、「親子関係が良好じゃないからもー何年も帰っていない」とかって人って結構多いような気がしますが・・・

こうやってリアルな数字を出してみると現実感が出てくるので、一緒に過ごせる時間がかなーり有限だってことをたまには意識してちょっぴり恥ずかしいけど帰省した時に親孝行してみるのも大事なんじゃないかなぁと思った今日この頃というお話でーした(●´ω`●)

 

でゎでゎ☆彡