ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【小説】「なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 ※電撃文庫」を読んでみたんだ♪~悩めるプロジェクトマネージャさん必見!!!可視化しづらいスキルを身に着けてプロジェクトを円滑に進めよう(*´▽`*)✨~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です(*´ω`*)♪

 

以前、IT系の読み物が読みたくなってふらっと「なれる!SE 2週間でわかる?SE入門」という小説(ラノベ)を読んでみて、

www.yurufuwase.com

それがあまりに面白かったので、いつの間にか気が付けば続編の2作目を読み終わり、

www.yurufuwase.com

きちんと2作目も面白すぎたので、いつの間にか3作目も読み終わり、

www.yurufuwase.com

気付けば4作目をあっという間に読み終わっちゃいましたぁ✨(てへぺろ) 

で、今回も多分に漏れず今までとは全然テーマが違い、IT業界のお仕事ジャンルでいうところの「プロジェクト管理」がメインテーマとして描かれており、炎上案件で逃げ出してしまったPMの代打を主人公(ド素人)が無茶振りされ顧客やベンダや上司にボコボコにされて泣きそうになりながらも試行錯誤しながら頑張ってくという結構熱い内容でしたので、いつも通り備忘も兼ねてちょっぴりだけご紹介したいと思いまーす(●´ω`●)✨

↓今回も読み終わった後にレビュー見てみましたが、相変わらずの高評価すぎてビビりましたwww 


 

 

【概要♪】※Amazonさんより♪

f:id:senonichijo:20190216134747j:plain
とある出版社の本社移転プロジェクトに参画することになった立華と工兵。

とはいえ請け負ったのは一部ルーターの移設作業だけ……だったはずが、あまりの惨憺たる状況にプロジェクトマネージャーが逃亡。

その代打を工兵が無茶振りされることに。

新人にはハードルの高すぎる未経験の業務を前に途方に暮れる工兵。

期限は容赦なく迫り、ベンダー各社はごねまくる。

はたして工兵はPM業務を完遂できるのか!?

そして立華のプライベートの一端も明かされるシリーズ第4弾!

 

 <ゆるふわSE的面白ポイント♪>

・炎上案件で逃げ出す寸前のPM(別府)の呪詛のような言葉がすごく染みてヤバイw

その後彼はいなくなったのですが、炎上案件のPMやPLが病んでいなくなっちゃうっていうのは悲しいかなたまーに発生するSEあるあるなんですよねぇw(´・ω・`)

いやぁ、健康的に働くのが一番ですね✨

別府:「PMがどんなに頑張ったって無理なものは無理なんだ。なんでそれが分からないんだ。・・・どいつもこいつも(´・ω・`)」

 

・さすがに立華ちゃんを差し置いて、主人公がPMにアサインされるのは非現実的過ぎてちょっとなぁって感じがした(´・ω・`)

作者が非現実的な展開の面白さに味をしめたのかもと思ったw

 

・立華ちゃんはむちゃくちゃ技術力があって、一人で複数案件もこなしてるのにプロジェクト管理をやったことがなさそうな雰囲気があるのは正直ちょっとこれも非現実的だなぁ・・・って思った(´・ω・`)

一人でプロジェクトやるにしたって、マスタスケジュールやWBS作ったり、課題管理や進捗報告とかってやると思うからある程度プロジェクト管理能力も身につけざるを得ないと思うけどなぁ・・・(´・ω・`)

 

・下記の感覚がSEにはとっても大事で、気持ちいいところだと思う✨

この感覚を文章で表現できるのは素直にすごいと思った!!!

「冷や汗を拭いながら、だが心中に先ほどまでと異なる感情が芽生えている。

新たな知識体系、未知の用語、概念。頭の中で未使用の回路が開き稼働し始める。

工兵はごくりと唾を飲み込んだ。

やば・・・、面白いかも、これ。

知らぬうちに鼓動が高鳴り始めている。うなじに鳥肌が立ち血流がざわめく。」

 

 ・なんと立華ちゃんの趣味は「アマチュアの合唱団」だった!!!

 

・とってもいーことば①

立華ちゃん:「誰にだって最初の一歩はある。つまづくことを恐れて動かなかったらどこにもたどりつけないわ。失敗したって恥をかいたって、成功するまでチャレンジし続ければいいのよ。丁度、今の私たちみたいにね」

 

・とってもいー言葉②

仕事を進めていけば利害の相反や意見の衝突などいくらでも出てくる。その度に年齢が若いから、役職がないから、だから自分は認めてもらえないんだと言い訳していては何も進まない。相手にどう見られていようと議論に集中する。理詰めで打開策を探り着地点を見つける。それこそプロのあり方。

 

・立華ちゃんが実はむっちゃミニマリストだったw

しかも荷物はコンテナの中。この秘密はまだ解決されていないので次巻以降が楽しみです✨

 

・立華ちゃんが主人公に出会ってからの感情の変化がすごい!

 

・プロジェクトメンバを3つのタイプ(サーバ、ツール、クライアント)に分類するの面白い✨

  

・藤田さんの言葉「プロジェクト管理とは、みんなが気持ちよく仕事できるようにすること。」は真理だなぁって思った✨

 

<感想♪>

本書は主人公(桜坂工兵)が新卒入社後2週間のOJT中に数件の案件を経て、ネットワーク構築業務にちょっぴり詳しくなった(1巻)後、5月にひょんなことから梢ちゃんと知り合い、立華ちゃん(構築部隊)VS梢ちゃん(運用部隊)を仲直りさせつつ運用業務についてちょっぴり詳しくなった(2巻)後、雨がしとしと降る6月に社長から無茶ぶりされたDRサイト構築のRFPに対する提案業務で受注を何とか勝ち取った(3巻)後の7月。初めて無茶振りされたプロジェクト管理に不安を抱きながらも試行錯誤しながら何とか頑張っていくというお話。

うまく進めれないことによる顧客からクレームを受け、社長からボコボコに怒られて泣きそうになりながらもなんとか活路を見出していく様はもはや小説でもなんでもなくSEあるあるなので現役SEさんにとっては共感しまくれること間違いなしなのです✨

本書ではプロジェクト管理のノウハウというなかなか可視化しづらい能力がうまく表現されてるので現役PM、PLの方はもちろんこれからリーダ業務を目指していく若手SEさんにとっても学べることがたくさんあるんじゃないかなぁと思いました(●´ω`●)✨

私は本書で初めて「テーラリング」なる用語を知りましたが、この概念は割とプロのSEさんは無意識にやっていたりするもので、該当する言葉があるのは勉強になりました✨

多分本書で一番大切なところだと思います!

とってもためになる内容かつ普通にストーリーも面白かったので、ご興味のある方はものは試しに読んでみてはいかがでしょーか(●´ω`●)✨

相変わらずラストは熱い展開なので最後まで見逃せませんよ!!!✨

 

でゎでゎ☆彡