ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【雑談】常連の店での「いつもの」が通じる安心感とその呪縛についての話するよ(´・ω・`)☆彡

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です✨(*´ω`*)

皆さんはいつも行く馴染みのお店(常連のお店)ってありますか???

んで、そこでいつも同じものを注文したり、頼んだりしたことってありますか???

f:id:senonichijo:20190226150558j:plain

私はぁ、ありまーす!!!w

そこで一度食べておいしかったものとか、もうその時点でおいしかったっていう実績が自分の中であるので、他のメニューに冒険しよぉって気持ちに勝って鉄板の実績のあるメニューを頼んじゃったりするんですよねぇ・・・w(´・ω・`)

また、お店の方も何十回と通いまくっていると、会話をせずとも徐々にこちらのことを覚えていってくれて、常連さんだから良くしてくれちゃうってことがあるあるなんですよねぇw

ということで、今回は常連のお店での「いつもの」について、それにはとてつもない「安心感」と同時に恐ろしいまでの「呪縛」を感じてしまったので実体験を元に今の気持ちを書き留めていきたいとおもいまーす(`・ω・´)☆彡

・・・誰得な記事ですが、お仕事の息抜きとかでご覧いただけると幸いですw

 

【ちなみにどんな「いつもの」があるかというと・・・(´・ω・`)】

①よく通っている某おそば屋さんにて・・・

お家の近くに、結構有名なチェーン店である某蕎麦屋さんがあるのですが、ここに数年通い続けていますw

で、店主さんはいつも同じおっちゃんです✨(おっちゃんいつもありがとう!)

そこで、私は暑い日も寒い日も晴れた日も雨の日も春夏秋冬季節によらず「肉うどん」と「お稲荷さん」を決まって注文するのが「るーちーん」なのですが(お蕎麦屋さんだけどうどんですw)、私おうどんを食べるときは「レンゲ」を使ってスープを飲みたい派なんですねw(ここ重要✨)

だって、うどんの器は熱いし重いんですもの(´・ω・`)

でも、いつ頼んでもレンゲはついてこないので、うどんが出てきた後に「おっちゃん、レンゲくだちぃ(´・ω・`)」って言ってレンゲをもらっていたのですよ!

そー、その期間およそ2年位w

ひと月に2回は食べてるとして、約50回位は「おっちゃん、レンゲくだちぃ(´・ω・`)」と言っている訳ですw

そして、ある日いつもの如く「肉うどんとお稲荷さん」を頼んでみたら、なななんと!!!

レンゲを付けてくれるじゃないですか!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

おっちゃん、とうとう「私=おっちゃん、レンゲくだちぃ(´・ω・`)」という方程式がしみ込んでくれたんですね✨

感激!嬉しいです!!!

これで、私もようやく常連さんの仲間入りを果たした訳ですw

・・・(´・ω・`)

・・・・・・(´・ω・`)

・・・・・・・・・(´・ω・`)

以上、それ以来、レンゲを頼まなくてもよくなったっていう幸せエピソードでしたw

※ちなみに、そのお店では食券を買って渡すとおっちゃんが作ってくれるシステムなのですが、あまりに私が肉うどんとお稲荷さんをテンプレで頼みまくる(4年間位w)ので、とーとー私がお店に入った瞬間におっちゃんは肉うどんを作り始めるよーになりましたw

いやいやおっちゃん!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

その常連さんへの「いつもの」感は嬉しいけど、奇跡的に私が「蕎麦派な気分」だったらどーすんの???(´・ω・`)

その姿を確認して以来、肉うどん以外が頼みづらくなってしまったことは言うまでもありませんw

 

②よく通っている某焼肉屋さんにて・・・

本邦初公開ですが、実は私、定期的(最低月一位)に焼肉を食べないと元気が出ないという性質を持っていますw

なので、よく友達や同僚とご飯食べに行くときにある程度時間があって自分の希望がいえる時は「焼肉たべたーい(●´ω`●)✨」って言って食べに行くことがままあります☆彡

で、これまたお家の近くに安くておいしいランチが食べれる焼肉屋さんがあったりして、焼肉欲求が半端ないときにはそこにもよく食べに行っているのですが、そこでいつも「このランチセットくださーい(*´▽`*)✨」といって同じランチセットを頼んでました。

こちらも期間にしておよそ2年位w

そしたら、ある日いつもの如くお店に入ってみたら、なななんと!!!

店員さんから「いつもの」でいーですか???(*´▽`*)✨

と聞いてきてくれるじゃありませんか!!!

「おぉ、来た来た!これがちまたでいう「いつもの」って奴ですか(●´ω`●)✨」

とテンション上がりまくったと同時に、前述したうどん屋さんの時と若干同じ、なんとも言えない変な気持ちにさいなまれたのでした・・・(´・ω・`)

 

【「いつもの」がもたらす「安心感」とその「呪縛」についての考察(●´ω`●)✨】

焼肉屋さんの時は、テンション上がって安心感を感じたと同時に、「店員さん、私がいつものじゃないの頼んだらどーすんじゃーい(´・ω・`)」って思いました。

ここで、いつものじゃないのを頼んじゃったら「いつものの心地よさ」がなくなってしまう・・・(´・ω・`)

だけど、いつも通りいつものを頼んじゃったらこの「いつものループ」から抜け出せなくなってしまうのではないか???

いつも、お仕事ではどんどん新しい技術を身に付けたり、新規のビジネスがどーやらこーたらうんぬんかんぬんとやったり、変化を恐れるあまり現状維持することの方が変化するよりリスクなんじゃらほんじゃらとか言っている癖に、こと食べ物に関してはいつものでいーのかほんちゃらかんちゃらと色んなことを考えてしまいました(´・ω・`)w

つまり、「いつもの」というあまりにも変化のない落ち着いた表現は、「永遠にも思えるほど変わらない安心を与えてくれる」と同時に、「もう絶対に変化したら戻ってこられない絶望感というか呪縛にも似たような感情も押し寄せてくる」(はい、ここでタイトル回収ですw)ということです(´・ω・`)

 

ちなみに今回のお話にオチは・・・

ありませんw

好きなものを好きな時に頼めばいーんじゃないかなぁ・・・(´_ゝ`)

 

でゎでゎ☆彡