ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSEになりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【書評】「ひらいて※綿矢りさ著」を読んでみたんだ♪~愛という名のエゴを表現した狂気的な青春小説が面白い!~

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

今日も今日とて、いつもの如く「綿矢りさ」さんの小説を読んでいくぅ(/・ω・)/☆彡

ということで、今回は女子高生が片思いした際の狂気的な愛を描いた作品「ひらいて」という小説を読んでみましたぁ♪

女性の心理描写を巧みな表現で映し出すのが得意な作者の真骨頂溢れる作品で、一歩間違えれば誰もが隣り合わせな思い通りにならない「狂気的な愛という名のエゴ」が秀逸な表現で描写されており、非常にエモかったので、その感想とともに簡単にご紹介していーくよ☆彡

 

 

 

【内容紹介☆彡】※新潮社様紹介サイトより抜粋

<華やかな女子高生が哀しい眼をした地味男子に恋をした。でも彼には恋人がいて……。>

華やかでモテる女子高生・愛が惹かれた相手は、哀しい眼をした地味男子。自分だけが彼の魅力に気づいているはずだったのに、手紙をやりとりする女の子がいたなんて。思い通りにならない恋にもがく愛は予想外の行動に走る――。身勝手にあたりをなぎ倒し、傷つけ、そして傷ついて。芥川賞受賞作『蹴りたい背中』以来、著者が久しぶりに高校生の青春と恋愛を瑞々しく描いた傑作小説。

f:id:senonichijo:20200209144353j:plain

 

【感想♪】

主人公(女子高生の愛ちゃん)がクラスの男子をふとしたきっかけでなぜか好きになっちゃって、なぜかその人のことならなんでも好きになって、ずーっと気になっていたら、実はその男子には彼女がいることが分かって、「まじかよぉ・・・(´・ω・`)」と猛烈に嫉妬してしまって、彼に取り入るためにとりま彼女に友達として近づいてみたら、なんか変な間違いが起こってその彼女と主人公が女同士にも関わらずいー感じになってしまい、その後彼に意を決して告白するもののあっけなくふられちゃったので、そんな彼への仕返しに彼の女と寝た結果そこには女の子同士の愛が生まれ・・・

と、衝撃的に謎でカオスな三角関係(主に仲良しカップルに主人公が割り込んでるだけなのですがw)になってなんじゃこりゃーって話(´_ゝ`)w

今まで読んだ綿矢りささんの作品の中では珍しく官能的な描写があり、なんだか変な気分にさせられつつも先の展開が気になるはらはらどきどきのストーリーはとても面白かったです☆彡

さすがに、フィクションさながらの主人公の彼に対する狂気的な愛と、相手を自分のものにしたいがための直情かつ衝動的な行動に驚かされたりするのですが、若気の至りってすごいですよねwww

そんな黒歴史を作りまくる主人公は一方的な愛に取りつかれ、ありえないような行動を次々と起こしていき、それも全て彼への愛がゆえの行動なのですが、その行動を起こすたびにどんどん展開はカオスになり、彼の心はどんどん離れていってるっていうのがなんだか見ていてとても切ない気持ちになりました・・・(´・ω・`)

叶わない恋・・・(T_T)

ぶわっ(´・ω・`)(涙)

全然甘酸っぱくない高校生の青春物語がここにあり☆彡

とある男性に片思いなそんなあなたに是非見ていただきたい作品です♪

 

綿矢りささんの作品はあたりばかりの面白さ!

本作もおすすめだぞ(/・ω・)/☆彡

 

でゎでゎ☆彡