ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSEになりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

科学者を志す方必読!「科学者たちの奇妙な日常」を読んだ感想を語っていく♪

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

 

皆さんは「科学」って興味ありますか???

Wikipedia先生によると、科学とは、、、

 (広義)体系化された知識や経験の総称であり、自然科学、人文科学、社会科学の総称。
(狭義)科学的方法に基づく学術的な知識、学問。
(最狭義)自然科学。

って感じです!

なるほどー(´_ゝ`)w

ちなみに私は、この科学の定義の中では「自然科学」が一番好きであり、現在はITのプロフェッショナルとして「ゆるふわSE」をしているものの、学生時代の専門は実はこの「科学」方面で日々研究にいそしんでおり、真剣に「研究者」になるか「IT業界」に入るかを考えていた時期もあったりしますた☆(ゝω・)vキャピw

世の中の大方の現象は、この科学(化学、物理、生物、地学などなど)により説明可能だし、ITと人間の生活は切っても切り離せないし、何気に「IT」と「科学」に精通していれば人生割と楽しく生きていけるんじゃないかなぁとか思ってたりします!

※現在の私が今まで勉強した科学知識は完全にトリビアと化していますが・・・(´・ω・`)w

※あとは経済と、英語もかな!!!

※日本史、世界史、地理とかはちょっと弱いのでそのあたりも教養として学んでいきたい(>_<)w

あの時「科学者の道」を選んでいたら今頃どうなってたんだろぉ?!(´・ω・`)

という世界線もちょっと気にならなくもないですが、今回はそんな「科学者たちの日常」を赤裸々に語ってくれている科学者さんの執筆した「科学者たちの奇妙な日常」という本を読んでみたのでそちらの書評になりまーす!

読みやすいブログのよぉな文体で書かれていますし、じぇんじぇん科学について専門じゃない方でも読めるよぉに平易な文章で記載されていますので、面白おかしく「科学者」という謎のベールに満ちた方達の生態を知ることができるんじゃないかなぁと思います☆彡

本書は学生が研究室に入ってからどういったことをしたり、どういった道があるのかなど「研究者としての流れ」が記載されているのが特に良く、科学に興味のある方はもちろん、これから科学に関する研究室に入る学部生や、大学/学部を選ぼうとしている高校生などにはとーってもおすすめです!!!

ということで、早速その感想をばちょーっぴりだけ紹介していーくよっ☆彡

 

f:id:senonichijo:20201129072854j:plain

 

 

 

おすすめのポイント♪

※日本経済新聞出版様より抜粋

目指すはノーベル賞か?学会のドンか?それとも巨額の特許収入か――。

若き女性博士ブロガーが、科学立国日本を支える研究者たちのリアルライフを紹介。

論文執筆から、華やかな海外学会、博士の就職先、女性研究者のモテ度、子育て事情まで、科学者人生の喜怒哀楽を書きつくす。

子育て真っ最中の現役女性科学者が、その日常を失敗談やギャグを散りばめながらコミカルに語る!

 

本の目次♪

※日本経済新聞出版様より抜粋

第〇章 「どうして科学者なんかに?」
第一章 科学者の生態分析
第二章 研究で稼ぐには?
第三章 研究をオモテに出す
第四章 博士はどこにいる? 
第五章 これができなきゃ科学者じゃない!
第六章 あなたはどの科学者タイプ?
第七章 拝啓総理大臣様 科学立国にするおつもりあって?

おわりに
主な参考文献

 

著者の紹介♪

※amazon様より抜粋

松下/祥子
日本大学文理学部物理生命システム科学科専任講師。日本女性科学者の会理事。1996年東京大学工学部卒業。2000年、同大学院応用化学専攻にて、専攻初の短縮特例として博士(工学)取得。同年、日本学術振興会特別研究員。理化学研究所フロンティア研究システム研究員などを経て、06年より現職。専門は物理化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

感想♪

本書は、まさにタイトル通り「科学者たちの奇妙な日常」を包み隠さず教えてくれるものであり、科学者たちの喜怒哀楽がうまく表現されていて、とても楽しく読むことができました☆彡

理系の学生さんは「研究室を選ぶ前」、しいては「大学/学部を選ぶ前」に本書を読んでおくと、長い目で見て良い選択(大学/学部、研究室選び)ができる可能性が高く、研究室に配属されてからの流れの例等も記載されていますので、研究室に1冊学級文庫的に置いておくと、結構役に立つんじゃないかなぁと思います!

研究室や科学者の生態って、実際になってみないとそれを事前に知ることってなかなか難しいと思いますし、なじみがなさ過ぎて情報の得かたも分からないと思いますので、こういった「キャリアプラン」や「モデルケース」のよぉなものを実体験を元に事前に知れるというのは物凄く価値があるなぁと♪

「研究」とは「何かを知りたい。」「何かを変えたい。」という2つの願いから生み出されたもので、「研究者」は日本という狭い世界ではなく、世界を相手に日々しのぎを削り、時には寝る間を惜しんで、休日やプライベートもお構いなしに研究をする必要があったりします(´・ω・`)

「世界中の誰が同じ研究を始めていて、いつ大きな雑誌に自分のやっている研究に関する論文を先に載せるか分からない・・・(´・ω・`)」

という相手の見えない研究職・技術職特有のプレッシャーがあったりしますが、逆に考えると、世界の誰も発見したことのない事を、自分の着想したアイデアで、自分の立てた仮説に基づき実験し、検証し、特許を取り、論文執筆/学会で発表し、学術雑誌に投稿し世界に名を残し、なんらかの形で科学の発展、人類の貢献に寄与することができる。

これはものすごーくクリエイティブな事であり、人類の知の限界を少しだけ外側に広げ貢献したという意味合いで、大変かもですが非常にやりがいはあるお仕事だなぁと思います♪

科学者という世界線は、私が通りそうで通らなかったIF文になるので、そちらを選んで頑張っている方々は陰ながらむーっちゃ応援しているのでございます(`・ω・´)シャキーン

ということで、とーっても面白くためになる良書かなぁと思いましたので興味のある方は読んでみてくださいねぇ☆彡

 

その他書評♪

色んな本の書評を書いてるので興味のある方は要ちぇきら☆(ゝω・)vキャピ

www.yurufuwase.com

 

でゎでゎ☆彡

 

 

 

実話が凄い!映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から営業やビジネスの本質を学べ!

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

 

結構前に「株に関する入門書」を読んでみたり、、、

www.yurufuwase.com

 

「投資(投資信託)に関する初心者本」を読んでみたり、、、 

www.yurufuwase.com

 

「投資に関するエンタメ小説」を読んでみたりして、、、
www.yurufuwase.com

 

「投資」について学んでいると「投資は経済やビジネスに直結している」ので面白いなぁと思いハマりつつある今日この頃(´・∀・`)w

「株に関する映画」をちょっと見てみたいなぁと思って探していたところ、結構な良評価でおすすめされていた(実際にあったブラックマンデーの話とかが出てくる等)映画を見つけました!!!

ということで今回は、実在の人物である「ジョーダン・ベルフォート」が「株屋」さんを起業し、その卓越した営業/ビジネススキルで無一文から億万長者へと成り上がっていく様を描いた、実話に基づく投資や起業に関する映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」という映画を観てみましたぁ☆彡

過激な表現が多かったりするのですが(R-18なので17歳以下は18歳以上になってから見ようねw)、それもある種のスパイスとして映画を引き立たせているし、何より主人公の犯罪にも利用できるレベル感の卓越した営業/ビジネススキルは、現代社会に生きる我々にとってもとても得るものが多く、秀逸なコメディ映画でした♪

とーってもハラハラドキドキで面白かったですので、その感想をばちょっぴりだけご紹介しちゃうぞ(´・∀・`)v

f:id:senonichijo:20201127091622j:plain

 

 

 

予告編♪

実際の映画はこの予告の100倍刺激的ですw

www.youtube.com

 

映画公式サイト様♪

paramount.nbcuni.co.jp

 

ストーリー♪

※公式サイト様より

一攫千金を夢見るジョーダン・ベルフォートは、ウォール街の証券会社に就職する。

しかし、トレーダーとしてデビューを飾る日に“ブラック・マンデー”が起こり失業してしまう。

その後レストランで出会ったドニーとドラッグのディーラーを雇い株式会社を設立、1ドルにも満たない“ペニー(クズ)株”を巧みな話術で金持ちに売りつける商法で巨額の富を手にする。

一気にウォール街のカリスマとなったジョーダンは、稼いだ金を高級車やドラッグ、娼婦につぎこみパーティ三昧の狂乱の日々を続けるが……。

 

感想♪

あー、はちゃめちゃに刺激的な映画だった(´・ω・`)w

ハチャメチャだけど、ハチャメチャに面白かったです(´・∀・`)w

主人公の完全に自分の好きな事をしまくる豪放磊落(気持ちのいいほどに金を稼いで、気持ちのいいほどに欲望のままに金を使いまくる様)な感じは、中々もって惹きつけられるものがありました!w

また、見る見るうちに会社が大きくなってウォール街の覇者(お金持ち)になっていく展開のスピード感は半端ないし、公私ともに時に破滅的な行動に見えるものの、きちんと自分の軸はぶれずにウォール街を震撼させるレベルのトップ企業へと急速に会社を成長させるその野心と実力も凄いし、それを実現させるべく仲間を引き入れたり、その仲間に夢や目標という目的へ向かうベクトルにうまく求心させる、その洗脳にも似た扇情的な語りはもはや、どこかの宗教の教祖のレベルで話がうまいなぁと思うと同時に、学ぶところが多かったです☆彡

以前、スティーブジョブズに関する実話に基づく映画を観たことがありますが、その「巧みな話術と破滅的な性格、ガレージからの起業等」本作の主人公はジョブズに似たカリスマ性を感じました!

もしかしたら、あまりにも突き抜けた会社を作るトップというのはそういう方が多い傾向があるのかもしれないなぁとw

本作みたいに「法」に触れてしまうのは良くないですが、その「卓越した営業スキル、大金を稼ぐ方法を見つけるマネーセンス、会社を成長させ社員を率いるカリスマ性」はとても参考になりましたので、営業職の方や、会社を経営されている経営者や起業家の方にとっては、一度見てみて損はない良映画かなぁと思いました!

「学歴も信用もない社員」に平準化したサービスを提供可能(誰がやっても同じことができる)にする「業務マニュアル」を作り、「自身で営業から契約までの手本」を見せ、「それ通りにやらせる」ことで、あっという間に継続的に売上を上げる仕組みを作り、その売り上げで組織を拡大させていく様は、あっぱれと言わざるを得ません(´・ω・`)w

実際に会社がIPO(新規株式上場)する瞬間の感じが見れたのもとても面白かったです!

主人公は主に「株屋」の手数料ビジネスで儲けていたのですが、今の世の中にもたくさん同じよぉな手数料ビジネスをやっている会社さんはあって、法に触れない範囲内で合法的に結構儲けてる会社さんもいっぱいあるんだろぉなぁとなんだかエモい気持ちになりました(´・ω・`)w

 

最後に主人公が営業候補の仲間を探す時に、問いかけた秀逸な質問と回答を記載し、本感想の締めくくりとしたいと思います☆彡

・ジョーダン・ベルフォート 

「オレにこのペンを売ってみろ(`・ω・´)シャキーン」

・営業候補

「このナプキンに名前を書いてくれないか?(´・∀・`)」

 

ものを売るときは、自社の製品の「この機能が素晴らしくて」うんぬんかんぬんとか言った営業トークを展開し、ペンの優れた機能とか、実体験上のメリットとかを語ったりしそうですが、「ナプキンに名前を書くという必要性という需要」を一瞬(たった一言)で生み出したという点において、素晴らしい営業候補だなぁと思いました♪ 

 

その他映画のレビューはこちら♪

見た映画のレビュー記事をいくつか書いてるので興味のある方はご覧あれ♪

www.yurufuwase.com

 

ウルフ・オブ・ウォールストリートを無料で見る方法♪

動画配信サービス「U-NEXT」だったら31日間無料ですぐに見れちゃうのでおすすめなんだぞ!!!

 

でゎでゎ☆彡

 

 

 

投資のエンタメ小説が面白い!「隣の人の投資生活」を読んだ感想を語っていく♪

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

 

今回は「隣の人の投資生活」という本を読んでみたのでそちらの書評になりまーす!

投資関連の本はまだそんなに読んでいないのですが、ちょい前に「はじめての方の3000円投資生活」という本を読んでみて、、、

www.yurufuwase.com

なかなかーにためになりましたので、今回もそれに引き続いての投資初心者本の書評になります☆彡

この本もタイトルに惹かれて手に取りましたが、形式は「小説」のよぉな感じで、小説内の様々な経歴を持ち、お金に関しても様々な観点を持つ登場人物のお話を通して、投資やお金に関する知識を学んでいけるって感じの本でした☆彡

小説形式だからさらっと読めちゃうので、これから投資を始めよぉかなぁって方はもちろん、興味のある方や、始めたばっかの方にもおすすめです!

ということで、早速その感想をばちょーっぴりだけ紹介していーくよっ☆彡

f:id:senonichijo:20201126102047j:plain 

 

 

 

概要♪

※amazon様より抜粋

金融のプロも薦める、投資をする前に読むべき"資産形成"の本質

お金を増やしたくて、資産運用や投資に関すること勉強してきたけど、
結局よくわからず疲れてしまったあなたへ! !

お金にまつわる失敗事例から学ぶ、
「一生お金に困らないための、お金とのつき合いかた」で、
あなたの資産形成を劇的に変えます!

・お金がなくても資産形成はできるの?
・リスクを追わずにお金は増やせるの?
・株式投資だけで、リスクは分散できる?
・高所得者が陥りやすいワナとは?
・「死に金」と「生き金」の見極め方って?


さて、あなたは投資に対して、
どのように向き合っていますか?

そして、隣の人はどんな投資生活をされているか、
ご存知ですか?


お金に愛される人、お金に振り回される人の実態を、
小説形式でわかりやすく学び、あなたの資産形成を
より豊かなものにします。

 

ストーリー♪

※amazon様より抜粋

ショータローは帝国銀行に勤める会社員。
行きつけの喫茶店・5アローズで同僚のセツコとともにマネー探偵社を結成。
日夜「お金のことで悩んでいる」相談者の解決に尽力している。
ある日5アローズに灰色の猫が迷い込んできた。
その猫こそ、物語の鍵を握るネイサン・ロスチャイルド、しゃべる猫だ。
ショータローとネイサンはひと癖あるマネー相談者たちの問題に翻弄されつつ、
9つのマネーパズル「一生お金に困らないためのルール」を集めていく。
本書を読めば、誰もが資産運用がしたくなる!
全く新しい、金融エンタメ小説です。

 

著者の紹介♪

※amazon様より抜粋

工藤 将太郎 (くどう・しょうたろう)
株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 代表取締役社長
CLP International Ltd. プレジデント&CEO
1983年、大分県生まれ。西南学院大学卒業後、日本生命保険相互会社入社。
法人営業部門にて企業の福利厚生制度の構築に従事。
2012年に株式会社クレア・ライフ・パートナーズを創業。
2013年には香港現地法人としてCLPInternational Ltd.を設立。
生命保険に偏重せず、効率の良い資産形成をテーマとしてファイナンシャルプランニング、ライフプランニングを行っている。

会社の社長なのに、小説書いてるって面白いですね!

主人公の名前が作者と同じ「ショータロー」なのがちょっと気になりますw

 

9つのマネーパズル♪

マネーパズルとは、本小説内に出てくる「一生お金に困らないためのルール」のこと。

①リスクとつき合う

②バランス

③自己責任

④世界を知る

⑤計画性を持つ

⑥時間資産

⑦生き金

⑧スタンス

⑨あなたにとってのマネーパズル(人それぞれということ)

 

感想♪

本書は、その名の通り「金融エンタメ小説」でした!

個人的に面白くためになったのは、、、

・「生き金」、「死に金」の概念

・純喫茶と資産運用屋を兼ねるという主人公行きつけの純喫茶の設定

・ネイサン・メイアー・ロスチャイルドの関西弁猫設定w

・資産運用屋に相談しに来る人物のプロフィールが現実感があって良き♪

・タイトルはまさに言い得て妙!

・サッカーのフォーメーションを例にした分散投資の説明は分かりやすくて良き♪

・英国でのラグジュアリーアセットへの投資(ヴィクトリアコイン、ペニーブラック)

・72の法則

・手付金詐欺、未公開株投資詐欺、たこ足配当、仮想通貨詐欺

・小説のオチはちょっと意外性があって面白いw

・出会いは一期一会♪

です!!

小説の登場人物はきちんとキャラが立っているし、資産運用について相談しに来る様々な経歴や考えを持つ人物も現実感があり魅力的、ストーリーは分かりやすく、それに絡めた投資/金融のお話もすんなり入ってきてとても面白く読むことができました☆彡

ただ、小説部分がしっかりしている分だけ紙面に割く分量も多く、肝心の投資/金融に関する部分の記載が薄いのがちょっと残念でした(´・ω・`)

さらっと投資の導入や、エンタメ的に読むのは良いけど、、、

「本を読んでがっつり投資や金融の知識を体系的に身につけたいんだぁ(`・ω・´)シャキーン」

的なニーズには合致しないのでご注意を!(´・ω・`)w

また、小説内の主人公たちが野球好きなので野球の話を例えにする場面がままあるので、野球好きにはちょっとわかりやすかったり(逆に野球を全然知らないと例えがよくわかんないのでちょっと微妙w)、主人公達の職業が「銀行員」で銀行員のお仕事のお話とかも出てくるので「銀行職」の方が見ると、分かりみが深くてエモいかもしれません!w

  

「これから初めて投資を始めようかなぁ?!(´・ω・`)と思っている方、始めたばかりの方、投資に興味のある方」にとっては、さらっと楽しく読める良書かなぁと思いましたので興味のある方は読んでみてくださいねぇ☆彡

 

投資関連記事♪

投資関連記事をいくつか書いているので興味があればご覧あれ♪

www.yurufuwase.com

 

その他書評♪

色んな本の書評を書いてるので興味のある方は要ちぇきら☆(ゝω・)vキャピ

www.yurufuwase.com

 

でゎでゎ☆彡