ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSEになりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【資格試験】ITILファンデーションの一発合格体験記を書いてみたんだ♪〜若手SEさんにおススメ!合格のコツと試験対策法をまるっと紹介しちゃうぞ♪〜

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

不定期更新の「一発合格体験記&合格する勉強方法を伝授しちゃおう」のコーナー♪

はっじまるよぉ♪(謎テンションw)

いえーい(/・ω・)/☆彡

ということで、突然ですが皆さんは「ITIL(アイティル)」ってご存知ですか???

多分、IT業界の方以外はほぼ「はにゃ?!あいてぃる?!なにそれおいしーの?!(´・ω・`)」って感じだと思いますが、IT業界の方でもサービスマネジメント界隈に触れる機会がない方は意外と知らない方もいたりする絶妙な知名度の用語だったりしますw(特に開発系ばっかりの業務をやってる方は知らないイメージw)

ちなみにみんな大好きWikipedia先生によると「ITIL」とは・・・

ITILはITサービスマネジメントを実現するため、ITサービスの品質向上、中長期的なコストの削減などを目的として実在する企業、サプライヤ、コンサルタントなどからITサービスに関する実際の運営方式やノウハウを収集し、書籍化したもの。

欧米社会においてITILは既にITサービスマネジメントの業界標準として広く認知されており、社会的な地位を確立している。ITILはITサービスマネジメントの英国規格であるBS 15000のベースとなっており、現在BS 15000は国際規格であるISO/IEC 20000に移行され、事実上の国際標準となっている。

また、ITILでは「3つのP」という概念について説明がなされている。これは process(過程)、people(人)、products(成果物) の3つを指し、プロセスだけが充実していても、担当者のスキルのみに頼る事も、どんなに高価で便利なツールを使用しようとも、それぞれがバランス良く配置されなければ効果は得られないと警鐘している。ITILを解説する書籍によっては、さらに partners(協力会社) を加え、「4つのP」と表現しているものもある。これはITILバージョン3で大きな要素として盛り込まれたアウトソーシングが意識されている。

と解説されております☆彡

なるほどねー(´・ω・`)w

ITシステムを安定稼働させるために必要な、運用管理業務全般のことを「ITサービスマネジメント」とかいったりしますが、要は、その「ITサービスマネジメントを実施するにあたって、こーやったらうまくいくんじゃね?!っての(ベストプラクティスとか言ったりします)をまとめといたよ(*^^*)」ってやつです(雑w)

で、これを知っていると実際に業務をするにあたって役立つことがたーくさんあったりするのですが、そんなITILのこと知ってるよね?って確認するための試験が「ITIL® ファンデーション試験」になります♪

今回は、そんな「ITILファンデーション試験」について以前一発合格を果たしたことがあるので、備忘がてら合格のコツと試験対策法をまるっとご紹介しちゃいまーす♪

※最近出たバージョン4(ITIL V4)じゃなくてバージョン3(ITIL V3※シラバス2011)の方ね!

目指す記事の粒度としては、いつもの如く、本記事を参考にすれば試験についての計画を練るに当たって、「なんとなく合格への道筋が見えるレベル」を目指そーと思いまーす♪

後、普通の合格体験記には「試験の感想」や「その人なりの勉強方法」という「受かるための情報」が主で、それが「実際に業務でどの程度役に立つか」や「取得することによる業務上の生々しいメリット」(表面上のメリットの記載はあったりする)の記載はあまりないのでその辺りも「うちのサイト限定の付加価値」として書いていくよぉ☆彡

れっつらごー!!!

 

 

 

記載の目次は下記の感じで書いてくよー!

①試験名♪

②試験概要♪

③どんな人に向いているの?(´・ω・`)

④合格したら何かいーことあるの?(´・ω・`)

⑤実際に業務で役に立つの???(´・ω・`)

⑥一発合格に使用したサイトや書籍♪

⑦一発合格にかかった期間とか前提知識♪

⑧対策方法♪

⑨受験した感想♪

⑩合格証がみてみたいー(*´▽`*)♪

 

【①:試験名♪】

ITIL®ファンデーション(シラバス2011)

※ITIL® Foundation(syllabus 2011)

※ITILファンデーション試験は日本における配布元が2018年に変更となり、「EXIN」から「PeopleCert」に改定されたよーです。

私が受験したのは改定前のEXINですが、改定後のPeopleCertになっても試験の内容は変わっていないようです☆彡

その代わり受験料が「26,000円⇒43,890円」と爆上がり(´・ω・`)w

と思ったら公式サイト見たら32,000円と記載あり。値上げの後に値下げしている模様w

※2020年1月現在

itstrategy.jp

 

【②試験概要とプチコメント♪】

<試験内容>

公開されているITIL®ファンデーション(シラバス2011)に指定されている内容が試験範囲となり、ITIL®のサービスマネジメントの基本的な用語や概念などITIL®の基礎を理解していることが問われます。

⇒試験対策本1冊やっとけば充分受かるのでだいじょうぶい☆彡

 

<問題数/出題形式/試験時間>

・問題数:40問

・出題形式:選択式

・試験時間:60分

⇒小難しいITIL用語を一言一句正確に覚えなくても選択式なので安心ですね☆彡

ちゃんと勉強していれば時間も充分余ります!!!

 

<合格基準>
65%(40問中26問以上の正解が必要)

⇒35%も間違えることができると考えると気は楽かも?!w

 

<受験料>
32,000円

⇒これはマジで高いw(´・ω・`)

提供元が改定される前に私が受験した時ですら26,000円だったのに・・・

でも、ちょい前まで43,890円だったっぽいからいつのまにやら値下げしてますねw

もし、会社が受験料を負担してくれるのであればラッキーなのでこれ幸いと受験しちゃいましょーw

 

【③どんな人に向いているの?(´・ω・`)】

IT業界にこれから就職しよーと思っている方や、業界に入ったばかりの方にお勧めです☆彡

無理して1年目に取得する必要もないかもですが、取得が早ければ早いほど本資格の知識を利用して業務に役立てることができるので、若い年次で取得した方が良い事には変わりありません♪

よく言われる本資格を取得したほうがよいターゲット層というのは、開発業務に従事している方というよりは、インフラ業務や運用保守業務に従事しているエンジニアって感じだと思うのですが、そのターゲット層は本資格の知識を活かしやすいので確かにそーだよなぁと思う反面、インフラや運用保守以外の全てのエンジニアにとって知ってて損はないなぁと思っています!!!

最近流行りの「DevOps」ではないですが、運用保守を知っている開発エンジニアは強いですし、開発を知っているインフラエンジニアは強いです。

なので、ITILを知っているすべてのエンジニアはきっとつおい説あると思っていますw

 

【④合格したら何かいーことあるの?(´・ω・`)】

合格できればITILに関する幅広い基礎知識を体系的に身に着けたことを証明できます♪

また、本資格に限った話ではありませんが、資格取得を奨励している会社さんであれば「受験料の補助」が出たり、資格取得時の「一時報奨金」が出たり、給料がアップする「資格手当」が支給されたりすることがあります☆彡

「自身のスキルアップを目的に資格を取得したら、上記のような補助までもらえちゃった!ラッキー♪」って考えるとメンタル的に楽しいですw

資格取得に力を入れている会社さんであれば、様々な資格に手当額が難易度等に応じて設定されていたりしますので、自身の会社にこのような制度がある場合は積極的に活用することをお勧めします☆彡

ただし、取得しやすそーな資格試験を取得しまくって収入を増やすのも一興(資格ゲッターみたいな方もちらほらいたりw)かと思いますが、私的には長い目で見て自分のキャリアにとって必要と考えられるものに優先度をつけて取り組む。その中に資格取得の制度の対象の資格があればラッキー♪って思って行動したほうが長期的にはメリットがあると考えています♪

 

【⑤実際に業務で役に立つの???(´・ω・`)】

立ちます!!!(`・ω・´)

営業、プリセールス、提案、要件定義、設計、実装、テスト、リリース、運用、保守等々といったプロジェクトのおおよそどのフェーズにおいてもサービスマネジメント関連の知識や考え方は実際に役立てる場面があると実体験上感じています☆彡

まぁ、実業務では資格を持っていること自体に意味はほとんどなく、「資格取得を通して習得した知識/技術を如何に業務に役立てるか」ってとこ一択が重要なので、資格取得後はそーいった観点で業務に臨むとプライベートの時間をたくさん使って頑張って勉強した甲斐があったもんだと思います☆彡

また、「xxの資格取得者がxx名います」みたいなことを自社のウリにしている会社さんもあったりしますので、サービスマネジメント系のコンサルを生業にしている方であれば本資格を取得していること自体がその人や会社にとってのステータスになるかもしれません♪

が、、、サービスマネジメントの資格も実は結構種類が多かったりしますし、ITIL自体もファンデーションの上位資格があったりしますので、いちがいに本資格取得のみでドヤ顔はできないかもなんでそこんとこ要注意ですw(´・ω・`)

※おじさんが履歴書に基本情報技術者書いてドヤ顔してても、面接官は「あ、この人応用情報技術者以上は持ってないのね」って推測される材料になるのと同じです。(ドヤ顔しても場合によってはプラス評価にはならない可能性がある(´・ω・`))

謙虚にいきましょーw謙虚にw

 

【⑥一発合格に使用したサイトや書籍♪】

私が受験に使用した書籍はこれです!

※参考サイトは公式サイトと、他の受験生の合格体験記位です♪

<ITILの基礎 -ITILファンデーション(シラバス2011)試験対応->

図も多く、小難しいITIL用語を丁寧に分かりやすく解説してくれています☆彡

本書のみで合格した実績がありますので、大船に乗ったつもりで参考にしていただければと思います♪

※出版社さんのホームページにも書籍の位置づけ的な解説が記載されています♪

www.olivenet.co.jp

 

【⑦一発合格にかかった期間とか前提知識♪】

ITILに関する事前知識はほぼなし(´・ω・`)w

という状態から、資格を取ろうかなーって思って、おおよそ1か月位勉強して取得しましたw

多分気合入れればあまりITの知識がない状態からでも、2週間もあれば受かるかなー位の割と易しめの難易度な資格試験だと思います☆彡

基本暗記です。暗記w

 

【⑧対策方法♪】

本試験の場合は下記のよーな流れで対策をしました♪

※ほぼ暗記ものの選択式試験はこの方法で十中八九受かりますw

※私自身、選択式の試験は落ちたことがないのでこの方法は自信を持っておすすめできる勉強法です☆彡

①まず問題部分を1週通しでやっていきます♪

・正しい回答を見ずに自力で数秒考えて自分なりに答えを出してみる

・答え合わせ

・正解してたら喜びw、不正解の場合はマーキングして正解を暗記

・解説は流し読み

・不正解のものはテキストの該当箇所を探し該当箇所の説明を読み、正解になるまでやります。

 

②問題部分の2週目をします♪

・2週目では解説を詳しく見ていき、不明な用語はテキストの該当箇所を確認しながら適宜ググって知識の定着を図っていきます♪

 

③テキストの1週目を通しでやっていきます♪

・ボリュームが多いので、とにかく流し読みし、1回読み終えたという達成感を味わっときますw

 

④テキストの索引から記憶の定着が薄いものを洗い出し、用語レベルで復習していきます♪

・索引をはじめから見ていき、見た瞬間に全く意味が思いつかない、もしくはあまり思い出せない用語についてマーキングし、テキストの該当箇所を確認。余力があればその際にググってその用語を別のサイトの説明を通して理解していきます。(この同じ用語の別の解説を見るってのが記憶の定着率が高くて超重要)

・これを索引の最後までやります。

・これは試験予定日の1週間前位までにはなんとか終わらせます。

 

⑤テキストの2週目以降を時間の限りやっていきます♪

・2週目以降として、テキストをじっくり見て、内容を自分のものにしていきます。

 

【⑨受験した感想♪】

充分に見直しができるくらい時間はあまり、2回ほど見直し試験を終了しました。

テストセンターでの受験なので、その場で合格を確認できやったーって感じですw(取得がだいぶ前なので記憶が曖昧ですがw)

 

【⑩合格証がみてみたいー♪(*´▽`*)】

合格証をもらったか記憶が定かではないんですが、「合格」の記載がある試験を受けた後その場でもらえる「スコアレポート(試験得点報告書)」なるものはあったのでそちらを大公開します☆彡

※合格証はいつか見つけたら本記事更新しますw

※スコアレポート(試験得点報告書)↓

f:id:senonichijo:20200104204345p:plain


【まとめ♪】

私が割と若手の頃に取得したため若干取得時の記憶が薄れていますが、今もあまり内容は変わっていないっぽいので、この体験記はほぼ使えるはずですw

※変わってたらごめんなさい(´・ω・`)w

ということで、今回はすべてのサービスマネジメントに携わるIT従事者にオススメのベンダー資格である「ITILファンデーション」の一発合格体験記をご紹介してみました♪

世界のどこかの誰かの迷えるSEさんのご参考に少しでもなれば超幸いです!!!

 

でゎでゎ☆彡

 

 

【ビジネス】飲食業に見る社員教育と顧客満足度の関係性について考えてみたんだ♪~飲食店と店員と私~

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

皆さんは、常連の「飲食店さん」ってありますか???

ちなみに私はいくつかあって、常連のお店で「いつもの」が通じる「安心感とその呪縛」について以前考えてみたことがあるのですが、、、

↓興味がある方は後で見てみてね♪

www.yurufuwase.com

今回は、そんな常連の飲食店さんでの「とある出来事」をきっかけに、「飲食店にみる社員教育と顧客満足度の関係性」について思うところがあったので、まったり語っていーくよ♪

そこの飲食店関係者のあなた(`・ω・´)!!!

好きなお飲み物とお菓子を食べながら、自分のお店のことをちょっぴりだけ思い出しつつ、胸に手をあてて心してみるんだぞ(/・ω・)/☆彡w

 

f:id:senonichijo:20200104153825j:plain

 

 

【とても美味しい常連の飲食店さんにて・・・(´・ω・`)】

私:こんちは!!!いつものくだちぃ(*^^*)♪

ベテラン店員さん:はいよ、へいお待ち(/・ω・)/♪(超にこにこ)

私:もぐもぐ。おいちー☆彡

って感じで、おいしーご飯を堪能しており、私は店員さんのすぐ前のカウンター席に着席していたのですが、何やら店員さん同士でお話している様子が目に入ってきました。

具体的な会話内容は伏せますが、どーやらベテラン店員さん(おそらく店長っぽい)が若手店員さんを厳しく注意しています。

その注意の仕方も冷たく言い放つような若干いやらしい言い方で、言われている若手店員さんはちょっとしんどそうな感じです(´・ω・`)

ここまではまーよしとしますw

言い方きついけど、若手店員さんに対し「何事も最初は大変だよね!頑張れー(´_ゝ`)」と応援するような気持ちでもぐもぐしており、ごちそー様でしたをしました☆彡

で、次にそのお店でご飯を食べる時も相変わらずベテラン店員さんは若手店員さんを冷たく注意していました。

その次の時も、その次の時も・・・というかいつ行っても(´・ω・`)w

私が食べている間中ずーっと・・・(´・ω・`)

若手店員さんの笑顔は既に死に絶えており、可哀そうかな目が完全に死んでいました(´・ω・`)

そして、悲しいかないつしかその若手店員さんをお店で見かけることはなくなってしまいました(´・ω・`)

でもご飯が美味しかったので、「美味しいご飯に罪はない(´_ゝ`)」と思い、その後も通っていたのですが、今度は違う新若手店員さんが働いている模様。

ベテラン店員さんはいつもの如くやっぱり新若手店員さんに対し冷たく注意しています。

私が食べている間中ずーっと・・・(あれ?!デジャブw)(´・ω・`)

新若手店員さんも例にもれず笑顔は死に絶えており、やはり目が死んでいました(´・ω・`)

その新若手店員さんもいつしかいなくなってしまい、永遠にもにた「若手入社⇒ベテラン冷たく注意し続ける⇒若手消える⇒新若手入社・・・」の無限ループが繰り返されているように見えました(´・ω・`)w

うーん・・・(´・ω・`)

さすがに、「ご飯がまずくなってきたな(´・ω・`)」と思い、私が今後その飲食店に行くことはなくなりました(´・ω・`)

はて?!

このあまりにも現実でリアルな飲食店の無限ループは一体誰が悪いのでしょうか?

ちなみに話を聞く限り、ベテラン店員さんの注意する内容は言い方が冷たいだけで理不尽な言い方ではありませんし、若手店員さんもまぁ普通にそこで働けるだけの能力は持ち合わせているように見えました。

冷たく注意し続けるベテラン店員さんでしょーか?!

それとも注意されてしまう若手店員さんでしょーか?!

私はたんなる一介のゆるふわお客さんにしか過ぎないので、食べている間の表面的な部分しか知る由もないですが、ベテラン店員さんはやっぱり見た通りのブラック上司なのかもしれません・・・

※IT業界でいうとこんな感じ☆彡

www.yurufuwase.com

そして、若手店員さんに対する育て方がよくないのかもしれません・・・

※IT業界でいうとこんな感じ☆彡

www.yurufuwase.com

いや、もしかしたら若手店員さんの方に非があるのかもしれません・・・

※IT業界でいうとこんな感じ☆彡

www.yurufuwase.com

業務上間違ったことをしている部下に対して上司が注意をし、正すことは至極真っ当ですし、上司にとっての業務の一環であり、当然の務めだと思うので、一概にこのベテラン店員さんが悪いかって言うと、まぁ注意すること自体は問題ないと思うんですよね!

ただ、きっとやはりそのものの言い方であったり、場面的なものは改善の余地があると思います☆彡

ここで言えるたった一つの結果論的真実は「飲食店にとっての常連客である私は目の前で立て続けにたくさんの若手店員さんが冷たく注意される様子を見て、提供される料理がおいしいにも関わらず、その飲食店で食事をすることがなくなった」というたった一つの事実だけです(´・ω・`)

あと、多分この飲食店に限らず「接客業あるある」だと思うのですが、物凄く気持ち悪いのが、超ニコニコ顔で私に接客していたかと思えば、次の瞬間鬼の形相で若手社員に注意し、また次の瞬間超ニコニコ顔で顧客への接客と切り替えるその様子です。。。

分かる。その気持ち超分かる(´・ω・`)w

お客様には満面の笑みで接客。うん。おけー。

間違ったことをしたら、鬼の形相かどうかはともかく注意する。うん。おけー。

でも、その満面の笑みと鬼の形相の切り替わりの瞬間を含め、飲食店の店員さんは常にカウンター越しにお客さんに見られている。

ここはカウンター越しの飲食店という業務の性質上もしかしたらしょうがないところなのかもしれませんが、ちょっと厳しい(顧客満足度が低下する要因の一つとなりうる)と思いました(´・ω・`)

私は、その様子をまー半分仕方がないなぁと思いつつ、とても気持ち悪いなぁと思ってしまった(´・ω・`)

で、その飲食店にはいかなくなってしまった。

お店は常連客を失うことで、定期的な売り上げ減となり。

私は、食事自体は美味しかったが、その異様な光景を見るのが嫌で好きな物が食べられなくなった。

絵にかいたような「Win-Win」ならぬ「Lose-Lose」な現実。

これ、同じような気持ちを抱いたのはきっと私一人だけじゃないと思うので、離れている顧客は多いだろうし、若手がすぐにやめることで再雇用や再教育のコストもかかるので絶対に売り上げと利益は下がってお店にとってはダメージだと思うんだけどなぁ(´・ω・`)

私にとっては「飲食店って大変だなー(´・ω・`)」って思って通う店が変わったというただそれだけの話ですが、飲食業。いや、サービス業を営むにあたっての何か重要なヒントが隠れているような気がしないでもありませんw(話をおっきくしてみたw)

皆さんはこの事実を通して何を感じ、何を思いますか?!(´_ゝ`)

いやー、ご飯は美味しく食べるに限りますよねw(/・ω・)/☆彡

 

でゎでゎ♪

 

 

【書評】「私をくいとめて※綿矢りさ著」を読んでみたんだ♪~アラサー独身女性には分かりみが深すぎてエモい?!~

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

新年あけましたが、私は絶賛あったかいお部屋でぬくぬくな「読書の冬」継続中でありますw

ということで、ちょっと前に「綿矢りさ」さんの「意識のリボン」という小説を読んだというお話をさせていただき、、、

www.yurufuwase.com

その勢いで、「かわいそうだね?」を読んだお話をさせていただきましたが、、、

www.yurufuwase.com

やっぱり、綿矢りささんのその秀逸な文章表現と女性の心理描写のすばらしさに惹かれ、今度は「私をくいとめて」という小説を読んでみましたぁ☆彡

いつも通りとっても面白かったのでちょっぴりだけご紹介していーくよ♪

 

 

 

【内容紹介☆彡】※Amazon様より抜粋 

「私の人生って、つまんない?」

「正直に答えてよ、A」。

黒田みつ子、もうすぐ33歳。

男性にも家庭にも縁遠く、一人で生きていくことに、なんの抵抗もないと思っている。

ただ時々、「正解」が見えなくて、迷ってしまうことも・・・。

そんな時は、もう一人の自分「A」に脳内で相談をしている。

私やっぱり、あの人のこと好きなのかな。

でも、いつもと違う行動をして、何かが決定的に変わってしまうのがこわいんだ――。

感情が揺れ動かないように、周りとうまく調和するように。

「おひとりさま」を満喫しようと、繊細に気を配るみつ子。

同世代の女性の気持ちを描き続けてきた著者による真骨頂。

著者初の新聞連載小説。

f:id:senonichijo:20200104141830j:plain 

 

【感想♪】

今まで読んだ綿矢りささんの小説と比べると、どんでん返し的な急転直下で青天の霹靂的な何某はなく、淡々と時系列が進んでいくので、そういう突発的な面白さは薄いのですが、自分の中の相談役であるもう一人の自分「A」(AnswerのA)という存在との対話という若干の非現実的な要素を盛り込んだストーリーは単純に小説として面白いし、少しずつ進む何気ないストーリーの描写も繊細かつ丁寧な表現で紡がれており、特に比喩表現の部分がやっぱり秀逸で、小説読んでる感があって好きでした☆彡

他の作品にも共通して言えることですが、主人公の体験する様々なものごとや心理描写があまりにもリアルに描かれているので、きっと作者である綿矢りささんが実際の現実世界で経験したことも多分に含まれている半分リアル/半分フィクションな世界なんじゃないかなぁと勝手ながら推測しています!(経験してないのに、この物語が紡げていたらそれはそれでむちゃ凄いw)

作中に出てきた、「食品サンプルづくりの一日体験講座」なんてのがあるのは面白かったし(私自身1ミリも興味がない分野ですが、趣味としての食品サンプルづくりっていう需要はあるんだなーとw)、飛行機が苦手な人の心理描写、異国であるイタリアに住む友達夫婦とのクリスマスから年末年始の情景なんかも面白かったし、みんな楽しい夢の国であるディズニーランドが出てきたりと現実世界のものを小説に登場させるあたりも読んでる側に謎の親近感がわいてきて面白いなぁと思いました☆彡

33才おひとり様女子の気持ちや恋愛模様が分かる本!!!

同じような境遇の方には分かりみが深くてエモいだろぉなぁと思いました♪

最近、私の中で謎に綿矢りささんブームが来ているので、りささんの小説紹介が続いておりますが、まだ読んだことのない方は物は試しに読んでみると結構面白いかもですよ?!w

文学作品特有の小難しい漢字や表現はあまり使われていないので、小説をあまり読んだことのない方にもおすすめです(/・ω・)/☆彡

 

でゎでゎ☆彡