ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSEになりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

今を本気で生きれない人必見!「君の膵臓をたべたい」を観てみたんだ♪~ラスト、きっとこのタイトルに涙する~

おはこんばんちは!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

 

皆さんは「君の膵臓をたべたい」という映画をご存知ですか???

結構話題になっているというのはうっすら知っていたものの、ちょっとタイトルがこわそう(これだけだとちょっとしたホラー感ありますよねw)だったので、見ていなかったのですが、ちょい前に金曜ロードショーで放映されていたので、これ幸いと観てみましたぁ♪

そしたら全然ホラーなんかじゃなくて、むちゃむちゃいー恋愛映画だったというw

先入観的食わず嫌いはいかんですね(´・ω・`)w

ちなみに「膵臓」の漢字が難しいですが、これは「すいぞう」と読み、完全に事前知識なしで「変なタイトルだなー(´_ゝ`)」って思って見ていましたが、見た後だと「もーそのタイトルじゃなきゃ絶対だめだ(T_T)w」レベルに深いータイトルでした(泣)

とってもとっても切ない恋愛映画なので、お家で見る時はティッシュ箱をそばに常備しておくことをおすすめするんだぞw

個人的には、本作のヒロインである「浜辺美波ちゃん」の元気いっぱいで天真爛漫な感じが最高だと思いましたので、そのあたりもおすすめポイントですっ♪ 

ということで、あらかた泣いてすっきりしたところで早速ご紹介していーくよ☆彡

f:id:senonichijo:20200920132630p:plain

 

 

 

 

【予告編♪】

一度見た後に見ても泣ける予告だなー(´・ω・`)w

www.youtube.com

 

【映画公式サイト様♪】

www.toho.co.jp

 

【ストーリー♪】※公式サイト様より

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

 

【感想♪】

あー、むっちゃくちゃよかったぁ・・・(´・ω・`)

まじ泣けたー(T_T)w

すっきりしたーwww

もーね、いつもながら切ない恋愛系映画の「はい、これから泣かせちゃうぞー(/・ω・)/☆彡」、「どーぞ泣いてくださーい(/・ω・)/☆彡」的な場面で、何の先入観もなしに防御力ゼロでそれを全て受け止め、感情を発露させしくしく泣く(T_T)ってのが割と好きなのですがw、「君の膵臓をたべたい」もその期待を裏切ることなくきちんと泣かせてくれました(´・ω・`)w

超個人的本作の一番の見どころとしては、

「浜辺美波ちゃんの笑顔や行動がほとばしるほどにまじ可愛い」

というたった一つの真実に尽きます(`・ω・´)!!!w

え?!こんな子この世にいんの?!(´・ω・`)

ってくらいの天真爛漫な可愛さに男性側の主人公である北村匠海さんが惹き込まれていくのですが、こんな子にあんな風に接せられたら、健全な高校男児としてはもーどーしよぉもないんじゃね?!wって気はしましたw

こんなん誰でも好きになっちゃうやろー的なwww

そんな元気いっぱいな美波ちゃんだけど、重い膵臓の病気でも、それを周りに心配させないよぉに毎日を懸命にキラキラと生き、でも実は、もーすぐおそらくその病気のせいで死んでしまうということをたった一人で抱えており、それがとっても怖くて、怖くて、たまんなくて。。。

それでも前向きに生きる姿勢や言動、周りへの気遣いや配慮、自分に関わる人(家族や親友や友達や彼)への優しい想いなどに深く心を打たれました・・・(´・ω・`)w

なんてけなげでいー子なんやー(´・ω・`)

なのになのに、最後はまさかの衝撃の展開で、この世から天国へと旅立っていく。。。

この上限のキラキラ感と下限の悲しみによる振れ幅があればあるほど、感情が揺さぶられちゃうのですが、本作もなかなかの号泣ものですた・・・(泣)

本作は「今日を一生懸命生きることの大切さ」を改めて感じさせられる「超良映画」ですた☆彡

北村匠海さんが共病文庫を読むくだりと、美波ちゃんが親友と北村匠海さんに送った手紙の場面はもー涙ちょちょぎれものですた(T_T)w

また、美波ちゃんと北村匠海さんのお互いにお互いが憧れ、尊敬し、想い、惹かれあっていく感じもむっちゃいーですし、親友やいつもガムをくれる友達との友情もいー感じで良きだし、学生時代の12年後の姿の小栗旬さんと北川景子さんも好演でした!!!

「今を本気で生きれていない人」にとっては、「よし、頑張ろう☆(ゝω・)vキャピ」

とか思えること間違いなしの映画なので、そーいった思いを抱いている方にはおすすめですねー♪

ということで、印象に残ったフレーズを3つだけご紹介して今日はおしまい☆彡

 

・美波ちゃん:

やりたいことしなくていいの?!(´・ω・`)

私も君も一日の価値は一緒だよ?(´・∀・`)

美波ちゃん。。。

ま、まぶしい・・・(´;ω;`)ウゥゥ

よし、みんなやりたいことやろー!!!w

 

・美波ちゃん:

私に生きててほしいの?(´・ω・`)

・北村匠海さん:

とても(`・ω・´)

ぶわっ・・・(´;ω;`)ウゥゥ

私も映画見ながら、「当たり前じゃーん!!!(T_T)」って叫んでましたw

 

・小栗旬さん:

残り僅かの余命を彼女が全うできると思い込んでいた。

明日どうなるかなんて誰にも分らない。

いまこの一日をこの瞬間を大切にしなきゃいけない。

過ぎた時間は戻らない。

無数の選択肢に対する過去の決断の一つ一つの結果としての現在があり、現在の選択の結果として未来が少しずつ変わっていく。

この小栗旬さんのフレーズのよぉに、「いまこの一日、この瞬間を大切にしなきゃなー」って改めて思いました☆彡

 

【最後に♪】 

切なくも美しい物語。

とにもかくにも浜辺美波ちゃんが可愛かった映画w

おしゅしゅめです☆彡

 

【参考1♪:その他映画のレビュー☆彡

見た映画のレビュー記事をいくつか書いてるので興味のある方はご覧あれ♪

www.yurufuwase.com

 

【参考2♪:君の膵臓をたべたいを無料で見る方法☆彡

動画配信サービス「U-NEXT」だったら31日間無料ですぐに見れちゃうのでおすすめなんだぞ!!!

 

でゎでゎ☆彡