ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSEになりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

君はファーストペンギンを知っているか?~リスクを取って大きな先行者利益を手に入れようという話~

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

 

皆さんは「ファーストペンギン」という言葉をご存知でしょーか???

ちなみに私は数年前までまーったく知りませんでした(´・ω・`)w

ファーストペンギン。

直訳すると、「最初のペンギンw」

はにゃ?!

なんじゃそりゃ?!(´・ω・`)www

※数年前の私w

って感じだと思いますが、これ。割とビジネス界ではかなーり有名な言葉だったりします!!!

何か新しい物事を始めたい人、企画等新しいことを考えることが好きな人、社内で新しいビジネスを創出したい人、独立/起業して自分の考えたビジネスを実現させたい人にとっては、早く知っておいて全然損はない言葉ですので、これを機会に私と一緒にこの言葉について学んでいきましょー☆彡

ということで、早速私見を交えながら解説していーくよっ♪

↓このペンギンちゃん達まじかわゆすw

f:id:senonichijo:20201012111640j:plain

 

 

 

【ファーストペンギンってなーにー?!(´・ω・`)】

 「ファーストペンギン」とは、、、

集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。

転じて、その“勇敢なペンギン”のように、リスクを恐れず初めてのことに挑戦するベンチャー精神の持ち主を、米国では敬意を込めて「ファーストペンギン」と呼びます。

日本でも、NHKの朝の連続ドラマでそのエピソードが紹介され、広く一般に知られるようになりました。

だそーです!!!

↓下記サイト様より引用

jinjibu.jp

なるほどー!(´_ゝ`)

天敵がいるかもしれない海へ魚を求めて最初に飛び込むだと・・・(´・ω・`)

超こわですやん・・・Σ(・ω・ノ)ノ!w

だって、お魚食べ放題のお魚天国を夢見て「よっしゃー、お魚♪お魚ぁ(≧▽≦)♪」って思って海にドボンした瞬間に、、、

「待ってました(`・ω・´)!!!」

と言わんばかりに、天敵である「ヒョウアザラシ」や「シャチ」に「がぶっ(/・ω・)/☆彡」といかれて短い人生ならぬペン生に幕が降ろされる可能性があるわけですよ・・・(T_T)w

きっつー。

と、こんな感じなので、なかなかおいそれとは、「ファーストペンギン」になるのは難しいわけですね(´・ω・`)

ここで、意を決したけど天敵に食べられちゃったペンギンは、「ファーストペンギン」だけど、悲しいかな失敗しちゃった例になります(´・ω・`)

また、天敵に食べられるのを恐れて海に飛び込まなかったペンギンは、いつもと同じ平穏な日常を過ごすことになるでしょー☆彡

(これはこれで平和ですが、陸上の天敵に食べられちゃう可能性もあるので注意が必要ですw)

↓天敵を調べるためにぐぐったらペンギンの達人というサイトがヒット!

↓すっごくニッチな需要を満たしてくれるサイトでありがたすw

↓ペンギン好き必見かもですwww

www.pen-t.com

でも、もしですよ!!!

もし、意を決して飛び込んだ先の海に「天敵がまったくいなかった場合」のことを想像してみてください。

そー!

もうね、お魚天国独り占めですよw

お魚食べ放題✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*

ペンギンちゃんは、「アジやイワシなどの魚類」、「イカやタコなどの頭足類」、「オキアミやヨコエビなどの甲殻類」等が主食のよぉですが、これらがまさに文字通り食べ放題なわけです☆(ゝω・)vキャピ

素晴らしき世界ですよね♪

これが、ペンギン界でのファーストペンギン成功例になります!!!

 

【ではビジネス界では?!(´・ω・`)】 

このペンギン界でのファーストペンギンをビジネスに当てはめたのが、ビジネス界でよく言われる「ファーストペンギンになれ」 ということになります♪

行動とそれに伴う結果の予測は下記3つの世界線かなぁと思います☆彡

①ファーストペンギンにならないという選択(一つ目の世界線)

⇒海の中の天敵には食べられることはないがお魚天国はゲットできない(´・ω・`)

※現状維持or現状の環境で向上を図るor陸上の天敵に食べられる

※実際にはある程度努力しないと、周りが成長するという意味で相対的に自分は後退しちゃうので、現状維持にも努力は必要です。

もちろん、現状の環境で向上を図っていくのがいー流れでしょー☆彡

※自身の会社が倒産する、経営不振によりリストラに遭う等、陸上の天敵にも不慮の事故的に食べられちゃうというリスクは0ではないので注意が必要です(´・ω・`)

 

②ファーストペンギンになるという選択(二つ目の世界線)

⇒お魚天国ゲット☆(ゝω・)vキャピ

※新規ビジネスの創出により、起業や個人事業で成功したパターンはビジネス界ではファーストペンギンとして名を挙げた感じになりますね☆彡

※起業や個人事業に限らず、社内ベンチャーのよぉに企業内で新規ビジネスを創出するというパターンもあります♪

ある程度の規模以上の企業では、既存事業の拡大とともに、新規事業の創出を同時並行で実施しているパターンが多いです☆彡

※ビジネス界のお魚天国は、いわゆるブルーオーシャン戦略の成功にも通ずるところがありますので、莫大な先行者利益が得られる可能性が高いです♪

※ただし、そのお魚天国は、後続のペンギンにも遅かれ早かれ見つけられてしまうので、飛び込んだ後の戦略もある程度考えておかないと後続の勢力にあっという間にお魚天国が占領されてしまう可能性があるので注意が必要です(´・ω・`)

 

③ファーストペンギンになるという選択(三つ目の世界線)

⇒海の中の天敵に食べられちゃい、お魚天国ゲットならず(´・ω・`)

※新規ビジネスを立ち上げたけれども、鳴かず飛ばずの反響/売り上げで事業として成り立たなくなっている状態です(´・ω・`)

※ただし、ペンギン界と違い命を落とすことはないと思いますし、借金をしない、元手(原価)のかからないビジネスであれば「人生おわた(^o^)/」的な取り返しのつかないことになる可能性は低いと思います。IT系のビジネスで起業する人が多いのも基本的には人件費くらいしか大きく元手のかかる部分がないというお手軽さがその理由なんじゃないかなぁと思います☆彡

 

【最後に♪】 

ということで、ファーストペンギンについて「ペンギン界」と「ビジネス界」でのお話を交えながらお話してみましたがいかがでしたでしょーか?!

あなたがペンギンだったら「お魚天国ゲット」に関して、どのような行動を起こしますか?!

と、ここまで色々と話してきましたが、勘違いしないでほしいのは、「絶対的にファーストペンギンの行動を礼賛しているわけではない」こと、ご注意ください☆彡

これは人それぞれの「生き方」の話であって、必ずしもみんながみんなファーストペンギンになる必要はないのです。

お魚天国欲しさに、勢い余って海に飛び込んで、

「がぶり(/・ω・)/☆彡」

といかれちゃうというリスクがあるのを忘れてはいけません(´・ω・`)

「投資」の世界でもそうですが、、、

↓投資に関する記事をいくつか書いてるので興味のある方はごらんあれ♪

www.yurufuwase.com

「リスク」とは、プラスとマイナスの「振れ幅」のことです!!!

株価上昇による値上がり益で、株を買う人はテンバガーのよぉに資産を10倍にできるプラスの可能性もありつつ、その反対に株価が暴落したり上場廃止により紙切れ同然になるマイナスのリスクも抱えることになります(´・ω・`)

ビジネスで言うと、起業した会社が他企業に買収され巨万の富を手に入れれるプラスの可能性も秘めつつ、まーったく売上が上がらないマイナスのリスクももちろんあるわけです(´・ω・`)

陸上でいつも通りに、のほほーんと他のペンギン達と暮らす生活。

それも全然いいし、一つの幸せの形だと思います☆彡

それとは逆に、ファーストペンギンになり、海にどぼーんしてみる生活。

そんなスリリングな生活も全然ありっちゃありだと思います☆彡

一度っきりの人生。後悔しても時は戻らないし時間は前にしか進みません!

何事も自分自身が後悔しないよぉな選択をしていきたいものですねっ✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*

 

【参考になる記事、書籍のご紹介♪】

ファーストペンギンに興味がある方の参考になりそうな記事をいくつか書いているので興味のある方はご参照あれ☆彡

 

<参考記事1:IT企業ってどうやって利益を上げているの?!(´・ω・`)って方へ♪>

普段よく我々も利用する製品やサービス。

無料で使えるものも多いですが、そこには何らかの売上を生む仕組みがたーくさん!

新規ビジネスを検討する上で参考になること間違いなしのマネタイズ方法が満載です☆彡

www.yurufuwase.com

 

<参考記事2:新規ビジネスの立ち上げってどうやってやるの?!(´・ω・`)って方へ♪>

新規ビジネスやソリューションを立ち上げ方について、以前その方法や流れについて考察してみましたので、気になる方はこちら♪

www.yurufuwase.com

 

<参考記事3:仕組みを作ってみたい方はこちら♪>

世の中には、仕組みを作る人と、その仕組みの中で働く人の2種類の人が存在します。

どちらかと言うと仕組みを作る人がファーストペンギン側なのですが、そんな仕組みを作ること、その仕組みを回すことについて考察してみましたので、気になる方はこちら♪

www.yurufuwase.com

 

<参考記事4:ライトノベルで新規事業の立ち上げを体験してみたい方はこちら♪>

「なれる!SE」というSEにとって超ためになったり共感できるライトノベルがあるのですが、そちらの中でも「新規サービス開発」がテーマになっている巻があるので、ゆるっとファーストペンギンを体験してみたい方はこちらがおすすめですっ☆彡www.yurufuwase.com

 

<参考書籍:ファーストペンギンについて書籍で学びたい方はこちら♪> 

①ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論 

 

②ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦  

 

③ファーストペンギンの会社---デジタルガレージの20年とこれから 

 

でゎでゎ☆彡