ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)

SEにとってのお仕事道具について考えてみたんだ〜会社支給じゃ生産性悪くないですかー?!って話(´・ω・`)〜

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

 

突然ですが、皆さんは普段どんなお仕事道具を使っていますか?!

 

ということで今回は、SEにとってのお仕事道具についてちょっと考えてみたいと思いまーす!

 

おそらくわたしたちがデフォルトで支給されて使える仕事道具はデスクや椅子、パソコン、ディスプレー、キーボード、マウス、場合によっては社用の携帯やモバイル端末位かなぁと思います。


でもそれって結構年季が入ってたり、性能悪かったり、ソフトウェアのバージョンがやたら古かったり、使いづらかったりしないですか?!

 

毎日それこそずーっと使うものなので、SEにとってのお仕事道具は日頃の生産性を大きく左右するもので生命線といっても過言ではないと思います。

 

しかし、高性能なお仕事道具を支給してもらえれば良いのですが、現実はなかなかそーもいかない方も多いと思います。

スペックの低いパソコンのせいで、ファイルを開くのにやたら時間がかかるとか、やたら固まるとか、マウスが自分の手に全然しっくりこないとか、重いとか有線が邪魔だとか色々ありますよね(´・ω・`)

 

きっと一流のお寿司屋さんは一流の包丁や食材を使ってると思いますし、一流のスポーツ選手は一流の練習機材を使ってたりすると思うんですが、なぜ一流のSEに低スペックの仕事道具が与えられるんだろーか?!不思議です!!!

まぁ会社的には予算がどーとか減価償却がどーとか昔は性能よかったとか色々あるんでしょーがねぇ…

 

そこで、会社に言って新しいものや高機能なものを購入してもらえればいーと思うんですけど中々そーもいかないことも多いと思います。

 

なので生産性を上げるために自腹でもいーから良いものを使いたいと常々思ってるんですけど、昨今のセキュリティやコンプライアンスの関係で私物の持ち込みなんてだいたい禁止なんですよね(´・ω・`)

 

まぁパソコンとか記録媒体の持ち込みは制限されてしかるべきだとは思いますが、マウスやキーボードなどの記録媒体ではなくセキュリティホールの原因にもならない生産性に直結するものの持ち込みくらい許可すればいーのになぁって感じがしています(´・ω・`)

まぁ周りと足並み揃えろとか、どこまでOKとかの線引きがめんどいとかはあるかもですが…

 

ということで長々と書きましたが、効率化を求め、効率化を提供するプロフェッショナル集団が非効率な仕事道具を使い続けるというこの現状はちょっと変だなぁ(´・ω・`)と思った今日この頃というお話でーした✨

 

でゎでゎ♪ 

【明日使えるバッチファイル】フォルダを丸ごとバックアップする第二弾~ちょっぴり業務用♪日付入りバックアップフォルダ作成、ログファイル作成、過去ログ削除機能付き✨~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

 

明日から使える?かもしれないソースを紹介していく明日使シリーズ!!!

バックアップの第二弾は日付入りバックアップフォルダの作成、そしてバックアップ時のログファイル作成、さらにたまっていく過去ログの削除機能もついているちょっぴりですが業務用に使えるかも?!なバッチのご紹介でーす♪

 

作成方法もそんなに難しくないですよ☆彡

では早速、紹介していくよ!

 

【テーマ☆彡】

日次でバックアップをとるにしても、いつのバックアップか分かるようにフォルダ名にバックアップ日とかつけたいなぁ。あと、ちゃんとバックアップできたかどうかのログファイルも欲しいし、それでいてログファイルがどんどんたまっていくのは嫌だから古いログの削除機能も欲しーなぁ・・・(´・ω・`)

よっしゃ、バッチ作るお(*´▽`*)

 

【使い方、処理内容☆彡】

バッチファイルを実行すると、コピー先に指定したフォルダ内にバックアップ日付を付けたフォルダ(例:2017-07-30_backup)を作成、その中にバックアップ元ファイルを丸ごと自動コピー(ミラーリング)します。

また、指定したログファイル格納フォルダに日付を付けたログファイル(例:2017-07-30_backup.log)を作り、ついでに過去30日を過ぎた過去ログについては削除します。(*´▽`*)

 

【そーすこーど☆彡】

@echo off

rem+-------------------------------------------
rem 作成日:
rem 作成者:
rem 更新日:
rem 更新者:
rem 処理内容:
rem+-------------------------------------------

rem 変数の設定
set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
 
set filename=%yyyy%-%mm%-%dd%_backup

rem バッチファイルのあるフォルダ(カレントディレクトリ)に移動
pushd %0..

rem コマンドプロンプト画面をクリア
cls

echo robocopyによるバックアップ処理を実行します。
robocopy "C:\backup_from" "D:\backup_to\%filename%" /MIR /R:0 /W:0 /LOG:"D:\log\%filename%.log" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF
echo robocopyによるバックアップ処理を実行しました。

echo 30日以上前の過去ログ削除を実行します。
forfiles /p D:\log /d -30 /c "cmd /c del @file"
echo 30日以上前の過去ログ削除を実行しました。

pause
exit

 

【解説☆彡】 ひな形以外の部分(赤字)を解説していくよー(*´ω`*)

①日付の変数設定

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%

⇒yyyyに実行したときの年(例:2017)、mmに月(例:07)、dd(例:30)に日が入るようにしています。

※下記参考リンクです。

www.atmarkit.co.jp

tipstour.net

 

②ファイル名の変数設定

set filename=%yyyy%-%mm%-%dd%_backup

⇒ファイル名をyyyy-mm-dd_backup(例:2017-07-30_backup)で作成できるようにしています。

 

③バックアップ処理

robocopy "C:\backup_from" "D:\backup_to\%filename%" /MIR /R:0 /W:0 /LOG:"D:\log\%filename%.log" /NP /NDL /TEE /XJD /XJF

⇒「robocopy」コマンドによりコピー元フォルダ(C:\backup_from)の中身をコピー先フォルダ(D:\backup_to\%filename%)にコピーします。

※コピー先の%filename%(例:2017-07-30_backupフォルダ)は自動で作成されます。

ログファイル格納フォルダ(D:\log以下)に%filename%.log(例:2017-07-30_backup.log)の名前でログファイルが作成されます。

※下記参考リンクです。

amaotolog.com

 

④過去ログの削除

forfiles /p D:\log /d -30 /c "cmd /c del @file"

⇒D:\log以下に作成された過去ログの中で30日以上経過しているログを削除します。 

※下記参考リンクです。

blog.putise.com 

これをタスクスケジューラで日次実行すれば、ばっちりバックアップ運用の自動化が実現できますね(●´ω`●)

 

でゎでゎ☆彡

IT企業にとっての新規ビジネス立ち上げについて考えてみたんだ~新規性のある画期的なソリューションってなんだろなぁ(´・ω・`)って話~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

皆さんは普段のお仕事の中で、何か自社サービスの立ち上げなどに携わったことがあったりしますでしょうか?

私はちょびちょびですが、サービスの立ち上げというなかなか面白そうな類の業務に携わらせていただいたりしているので、思考の整理がてら今回はIT企業にとっての新規ビジネス(ソリューション)立ち上げについてちょっと考えてみまーす(*^-^*)

 

さて、「ソリューション」っていうとなにかの必殺技みたいでカッコイー名前ですけどそもそも何?ってところがあるので、その意味を確認しておきましょー☆彡

 

ソリューションとは・・・

※IT用語辞典先生より抜粋----------------------------------

ソリューションとは、解答、解決策、解決、解法、溶解、溶液などの意味を持つ英単語。IT業界では、顧客の抱える問題・課題を解決したり、要望・要求を満たすことができる製品やサービス、およびその組み合わせのことをソリューションということが多い。

----------------------------------

だそーです。

まぁ要はIT企業が提供するサービス(業務)をかっこつけていったようなものですかねw

で、それの立ち上げなので、その企業では今まで実施していなかった新しいサービス(業務)を考えていくわけですね!

セオリーはわかりませんが、きっと流れとしては、下記な感じですかね?

①こんなサービスあったらすごくね?みんな超欲しがるんじゃね?という抽象的な着想を思いつく。

②その抽象的な着想を具体的にはどーやってサービス化していこーかなぁ?と考える。

③細かいところ(ニーズ、マーケット、実現方法、付加価値、差別化方法、サービスメニュー、人、物、金、サービス化までのスケジュールやマイルストーン等)を検討していき勝算がありそうか考えてみる。

④ちょっといけそーってかも?ってとこが見えたら、細かく考えたとこの企画書を書いてみて社内で承認を得る。

⑤サービス化のプロジェクトを発足し、スケジュールに従いあーでもないこーでもないと進捗を進めていく。

⑥サービスを提供していく中での改善点などをさらにサービスに反映させ、サービス品質を向上させる(俗にいうPDCAサイクルを回していく)

 

たぶん①のところがキモだと思うんですけど、完全なる新規性のサービスを思いつくっていうのは至難の業だと思います。なので、大多数の新規サービスなどは既存の何かと何かを組み合わせることによって新規性をアピールしているものが多いと感じます。後はバズワードのようなマーケティング用語を駆使して、巧みに消費者の購買意欲をそそるサービスを提供している企業も多々あります。

 

それ以外ですと、例えば流行り始めたものに目を付けて、それに対して何らかのソリューションを立ち上げるとかでしょうか。しかし、これに関しては大企業に中小企業が対抗するのはなんとなく厳しい気がしています。というのも大企業は人、物、金が潤沢にあるので、用意ドンで同じようなサービスを作ろうとしても圧倒的なQCD(品質、コスト、納期)の差で中小は中々勝ち目がないと思うんですよね。よってリリースのスピードで中小が一番乗りとなり勝つのは厳しそうです。他の大企業の打ち出したものと差別化できる何らかの付加価値がつけれれば別ですが、それができなければ頑張ってきた努力が無駄になってしまいます・・・(´・ω・`)

 

ということで、中小が大企業を出し抜くには、今はやり始めているものに目を向けるのよりも、今後何がはやるだろうという未来的な視点で動き始めるとその業界初のソリューションを提供する企業として成功できる可能性が高いんじゃないかなぁとか思ったりします。

 

せっかくのIT業界!

ITは無限の可能性を秘めていると思いますので、皆さんも数年先を見据えてどんなサービスが今後需要ありそうかなぁとか考えてみると意外とIT長者の種が見つかるかもしれませんよwというか本当にヤバイアイデアを思いつけば自分で起業しちゃってもいーかもですしねw

パズドラみたいなのを最初に思いつけばそりゃぁもーうはうはですよね(*´▽`*)

・・・かくいう私は全然いーアイデアを思いつかないのですがw

 

皆さんも何かアイデアがあればこっそり教えてくれれば嬉しいですw

ということで、目先のことより少し先に何が求められそうかというのを考えるのも大事かもというお話でーした(●´ω`●)

 

でゎでゎ☆彡

 

【Windows】Windows10の復元ポイントを作成後、パーティションを分割(Dドライブ追加)してみたんだ♪~やっぱバックアップ領域もあった方がイーよね!~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

今回はWindowsシリーズというか、普段使いのPCをよく見たらCドライブしかなかったんで、ちょっとバックアップ領域としてDドライブ欲しいなぁ・・・(´・ω・`)

って思い立って、パーティション分割(Dドラ追加)やってみましたー!!!ということでいつもの通り手順の備忘です。

 

えーえー、今回も手順自体は私が作るより、素晴らしいサイトがあるのでそちらを参照に手抜きをさせていただきましたw

 

ちなみにタイトルの通り、実施したOSバージョンはWindows10です。

 

■システムの復元ポイント作成手順

パーティション分割の前に念のため、復元ポイントを作成しておいたほうがイーっぽいですね!

【私の環境での相違点】

システムの復元ポイントの作成確認手順②のキャプチャがちょっと違って下記のような画面でした。調べてみたらこっちのパターンもあるっぽいですね。

f:id:senonichijo:20170727001410p:plain

パーティション分割手順

パーティション分割はセキュリティ対策とクラッシュ時のデータ保全に使えるんだそうです!

【私の環境での相違点】

Cドライブ縮小手順②のキャプチャがちょっと違って下記のような画面でした。

私のは状態に「EFIシステムパーティション」ってのがいました。

f:id:senonichijo:20170727002627p:plain

※ちなみに、プチ情報ですが、MB単位でドライブの容量を指定できるのですが容量表示の区切りをよくするには、たとえばaGBであれば「1024MB×a+4MB」と割り当てると綺麗になるみたいです。

 

これで、問題なくパーティション分割できましたのでなかなか実績のある手順です(*´ω`*)

お困りの際は参考にしてください☆彡

でゎでゎ♪

 

【ネットワーク】無線LAN(Wi-Fi)接続時の自端末のIP、MACアドレスを調べてみたんだ♪

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

今回は無線LAN(Wi-Fi)接続時の自端末(PC)のIP、MACアドレスの調べ方の備忘です。

ちょっと同一ネットワーク内のPC間で、疎通を取りたかったのですがIPどこ見れば?と少しはまったんで・・・(´・ω・`)

 

ちなみに確認環境のOSはWindows10とWindows8.1です。

 

確認方法としては下記2パターンです。

※コマンドのショートカットを含めご紹介です。

コマンドプロンプトから確認】

SEの方はコマンドプロンプトのほうがなじみ深いと思います。

Windowsキーを押しながら[R]キーを押下し、名前欄に[cmd]と入力し、Enter

コマンドプロンプトが開きます。

②[ipconfig/all]と入力し、Enter

⇒[Wireless LAN adapter Wi-Fi]の欄のIPv4 アドレスと物理アドレスを確認すればOKです✨。ちなみに物理アドレスMACアドレスのことです。

 

【ネットワーク接続画面から確認】

Windowsキーを押しながら[R]ボタンを押下し、名前欄に[ncpa.cpl]と入力し、Enter

⇒ネットワーク接続画面が開きます。

※ネットワーク接続画面はOSによってGUIでのたどり方がまちまちなので、[ncpa.cpl]を覚えておくと何かと便利です(*^-^*)

②使用しているwifiのアイコンをダブルクリック、[詳細]をクリックします。

IPv4 アドレスと物理アドレスを確認すればOKです✨。

 

ね、簡単でしょ?!

お困りの際はぜひ(*´ω`*)

でゎでゎ☆彡