ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

【サービス】「Spotify」の期間無制限無料プランが革新的に便利すぎて逆に音楽業界が心配になってきたって話♪

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

皆さんは普段音楽とかってどーやって聞いていますか???

f:id:senonichijo:20190615164435j:plain

今や通勤/通学、何か作業をしてる時や暇な時など私たちの生活の一部のインフラと化しているといっても過言ではない「音楽」という存在!

ちなみに私はお外で音楽を聞く際は「CDウォークマン」⇒「MDウォークマン」⇒「iPod」という変遷をたどり、、、「iPhone」を手に入れたあたりから「そっちでも聞けるならiPodはいらんやん(´・ω・`)」という結論に至り、レンタルショップでCDを借りて、iTunesに入れた音楽を「iPhone」で聴くようにしていましたが、ひょんなことから音楽のサブスクサービスである、「Apple Music」なる存在をきちんと認識する機会があり、どーも「最初の3か月」は無料トライアル期間なるものがあるっぽかったので物は試しに使ってみて「月額定額制で音楽聴き放題なんてあほほど便利やんけーwww(´・ω・`)」と遅咲きの感動を伝えさせていただきましたが、、、

www.yurufuwase.com

それ以来、無料期間のみを使い倒すつもりでしたがあまりにも便利すぎたので、そのまま月額課金でずーっと利用していましたが、またまたひょんなことから「Spotify」なる音楽ストリーミングサービス(存在は知っていましたが使ったことはない)の「期間無制限無料プラン」を使ってみたところ、あっという間に利用開始できたし、 今まで利用していたレベルでは、「Apple Music」 の有料プランとそんなにそん色なく利用できましたので、そんな「Spotify」を使ってみた感想をお伝えしていーくよ☆彡


 

 

【Spotify公式サイト様♪】

www.spotify.com

 

【Spotifyとは???(´・ω・`)】

Wikipedia先生によると・・・

Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽ストリーミングサービス。

2019年現在、2億3,200万人(うち有料会員数1億800万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。

パソコン・スマートフォン・タブレット型端末・ゲーム機などの電子端末に対応している。

日本では2016年9月にサービスが開始された。

なるほど・・・(´・ω・`)

確かに、ちょっと前からCMやら口コミやらで盛んに名前を聞くようになっていましたが、日本でのサービス開始は「2016年9月」とここ3年位なので割と新しめな感じのサービスなんですね☆彡

無料で音楽聴き放題は、マジで革新的なサービスなので「音楽関係者の方たちは大丈夫なのかしら(´・ω・`)」といらん心配を1ミリだけしたものの、上記の通り有料会員数が2019年時点「1億800万人」もいるそーだし、広告収入からアーティストへのロイヤルティー(印税)を支払っているそうで、むっちゃ儲かってるっぽいんで、もーホントにいらん心配でした(´・ω・`)w

今やサブスクビジネス全盛の時代ですが、完全に成功しているサブスクビジネスの一つですね♪

うらやまけしからんw

www.yurufuwase.com

 

【どんな感じで無料体験できたのー(´・ω・`)???】

ものの数分で、好きな曲を聴けるとこまでいけちゃいましたのでその手順を大公開♪

まずは、Spotifyのアプリを「App Store」で落としまーす☆彡(iPhoneの場合)

f:id:senonichijo:20200125103923p:plain

するってーとー、むっちゃ無料感のある画面が出てくるので、「新規登録(無料)」をタップしまーす☆彡

f:id:senonichijo:20200125104100p:plain

で、画面の指示に従って、「メールアドレス」、「生年月日」、「性別」を入力し「利用規約」を承諾したら、「好きなアーティスト」を好きなだけ選びます☆彡 

f:id:senonichijo:20200125104455p:plain

すると、自動でプレイリストを作成してくれて、あっちゅーまに聴き放題が利用可能な状態になりますので、急に「SEKAI NO OWARI」の「Dragon Night」が聴きたくなったので、画面下の「Search」よりアーティスト名で、「SEKAI NO OWARI」を検索しぃ♪

f:id:senonichijo:20200125104735p:plain

人気曲の3番目に載っていたので、ぽちっとな♪

f:id:senonichijo:20200125105002p:plain

うわ!さくっと聴けたぁ(*^^*)☆彡

すごw

ドラゲナイ(/・ω・)/♪、ドラゲナイ(/・ω・)/♪

って感じでした(雑w)

f:id:senonichijo:20200125104930p:plain


【感想♪】

何よりやはり一番すげーなぁと思ったのは、「期間無制限で無料」ってとこ!!!

すごくないすか???

今まで、「Apple Music」にずーっと課金していただけあってマジで家計が超助かるんですけどーw

広告収入があるから無料でも大丈夫なんだろーけど、まだ使い始めだからか広告も思ったより全然出てこないんで、すげー聴きやすいです☆彡(Youtubeで音楽を聞いてる時期もありましたが、曲の途中の広告が尋常じゃなくうざいw)

アプリの起動も早いし、ちゃんとバックグラウンドでも聞けるし、画面ロック時の操作も「Apple Music」と同じ操作だし、音質も全然いいし、何より歌詞が自動でスクロールされたり(カラオケみたいに)、ボーカルの音声を小さくするカラオケモードがあるのは圧巻です(後者2つの機能はApple Musicには多分ない)

お気に入り機能もよく使うし、自分の好きなアーティストと系統の似たおすすめ曲とか色んな曲をRadioとしてランダムに再生してくれる機能は普通に聞き流して作業する際なんかに超便利でびびりましたw

自分の知らない良曲を知れたりしますしね☆彡

「音楽発見サービス」とは言い得て妙だなぁと感嘆!!!(´_ゝ`)

まだいまいちわかってないのが、無料のデメリットとして記載されている「シャッフル再生」ってとこ。普通に曲選んで聞けてるっぽいんだけどなー(´・ω・`)w

あと、広告の中断もほとんど発生しないし、スキップも普通にできるんだけどなぁ。

無料だと思ってたら有料ってオチはないよね?!w

ちゃんと画面に「ご利用中のプラン:Spotify Free」って書いてるから大丈夫だと思いますが、謎ですw

どんどん使ってみて、色々な真実(実は無料版のここがちょっと使いづらい、これはさらに良い機能)が見えてきたら、順次記事更新していくかもですw

ということで、「Spotify」はすごいんだぞーってお話でーした♪

音楽業界もどんどん進化していっていて面白い限りですね!!!

皆さんも、素敵な音楽ライフを送ってください☆彡

 

でゎでゎ☆彡

 

【書評】「しょうがの味は熱い※綿矢りさ著」を読んでみたんだ♪~失って初めてわかる大切さってあるよね(´・ω・`)~

おはこんばんちは!!!

ゆるふわSEの「ゆるちょここ」です♪

今回も今日とて、いつもの如く「綿矢りさ」さんの小説を読んでいくぅ(/・ω・)/☆彡

ちょっと前に「意識のリボン」という小説を読んだというお話をさせていただき、、、

www.yurufuwase.com

その勢いで、「かわいそうだね?」を読んだお話をさせていただき、、、

www.yurufuwase.com

さらに勢いに乗って、「私をくいとめて」を読んだお話をさせていただき、、、

www.yurufuwase.com

さらにさらに勢いに乗って、「ウォーク・イン・クローゼット」を読んだお話をさせていただきましたが、

www.yurufuwase.com

今回は、「しょうがの味は熱い」というなんだかシュールなタイトルの小説を読んでみましたぁ☆彡

本書は、「しょうがの味は熱い」と「自然に、とてもスムーズに」という超豪華2本立てかと思いきや、タイトルが違うだけで、中身は続編の小説となっておりますので初めて読む方はびっくりしちゃだめだぞ!!!w

ということで、いつも通りとっても面白かったのでちょっぴりだけご紹介していーくよ♪

 

 

 

【内容紹介☆彡】※Amazon様より抜粋 

仕事は別に苦じゃないけど、一生を捧げたいってわけではなし。

そろそろ結婚もしたいけど、彼氏が運命の人って感じもしない。

『勝手にふるえてろ』『かわいそうだね?』に続き、微妙な年頃の女性の行き場のない感情を独特の文体と飄々とした可笑しみで描き出す連作集。「しょうがの味は熱い」「自然に、とてもスムーズに」の二篇を収録。

<しょうがの味は熱い>

彼氏の絃ともう半年同棲している。

就職以来、いつも仕事に押しつぶされそうに疲弊している絃と、大学院生として学校に通いながら家事をする奈世。

夕ご飯を済ませ、電気を消した部屋でニュースを見て、布団に入る。

並んで横たわる二人の思考はいつの間にかどんどんかけ離れてゆき……。

「同棲は結婚に続いていないみたいだ」そんな“真理”にはたと気づいた奈世の選んだ道とは。

<自然に、とてもスムーズに>

彼氏の絃とはもう三年同棲している。

営業の仕事を淡々とこなす彼と、短大を出てから一緒に暮らすようになった奈世は、最近ではもう結婚していないことを忘れてしまうくらいだ。

疲れて帰ってくる彼にサプライズで花とケーキと婚姻届を用意してみたら……。

思いもよらぬシビアな拒絶に打ちのめされた奈世は二人の家を出て故郷へ。

一人娘の帰還を訝りつつも歓迎する両親との暮らしの中で結婚への執着を失くしつつあった奈世のもとに絃が訪ねてくるが。

「草食系」だけではくくれない、煮え切らない男と煮詰まった女の、現代の同棲物語。

とほほと笑いつつ何かが吹っ切れる、未婚/既婚すべての女性、そしてすべての迷える男性に贈る一冊です。

f:id:senonichijo:20200122200217j:plain

 

【感想♪】

焼き魚と一緒にパンを食べる若干潔癖気味で仕事の忙しさに疲弊しながらも中々結婚しようとしてくれない煮え切らない態度の彼氏と、意中の彼氏と念願の同棲生活がおくれ今すぐにでも結婚したいけどのらりくらりとおあずけを食らいまくっている煮え切った彼女との間で3年間にわたって繰り広げられる同棲あるあるな物語w

煮え切らない彼氏と同棲している彼女さんには分かりみが深すぎてエモいかもしれませんw

同棲したカップルが段々冷めていって消滅していく一つのモデルケースが提示されたかのよーな印象をうけます(´・ω・`)w

本小説の主人公たちのように、仕事で忙しすぎる彼氏と、彼氏のことが大好きで依存しまくりんぐかつ自由な時間が多い彼女がうまく結ばれるのって結構難易度高いよなぁとか思ったりします(´・ω・`)w

「この人と一緒にいれれば他には何もいらない」って感じの勢いで結婚しちゃう女性はその後結婚生活がうまくいかないパターンは多いと思いますし、逆に男性は結婚前は「まだまだ仕事も忙しいしやりたいことも遊びたいことも多いので結婚はまだ早い(´・ω・`)」とか思っちゃうけど、いざ彼女と別れてみると「他に何もいらないからまた彼女とやり直したい」とか思っちゃったりして(´・ω・`)w

男女の考え方の違いってなんだかおもしろいですよねぇ(´・ω・`)遠い目w

ちなみに本作で面白かったところは、通常綿矢りささんの作品だと、女性の主人公視点の物語で主人公は一人なのですが、本作では場面場面で彼女目線、彼氏目線と語られる主体が変わってくるところが、同じ事象が起こっているのに対し男女で全然違うことを考えているのが分かり、面白いなぁと思いました☆彡

そして、一番彼女の愛の重さを感じた表現は「私あなたのカルシウムになりたい」ですw(ここに至るまでの過程は本作を読んでみてねw)

世の男性諸君!!!

お仕事が終わってお家に帰ったら、彼女が謎に「ケーキ」を用意してくれてて、食べてたら突然サプライズで「花束」と自分の名前がなぜか記入されている「婚姻届け」を渡されたら、もーすぐにでも結婚してあげなきゃダメなんだからね(/・ω・)/☆彡w

決して本作の彼氏のように、

「婚姻届けは人生を連帯保証しようという強烈なメッセージを発していた・・・(´・ω・`)」

なんてかっこよさげな表現をしつつテンションだだ下がったらだめなんだからね(`・ω・´)w

とにかく、今回の主人公の彼女さんには後日談として幸せになってほしいなぁと思いました♪

綿矢りささんの作品はあたりばかりの面白さ!

本作もおすすめだぞ(/・ω・)/☆彡

 

でゎでゎ☆彡

 

【乃木坂46】まいやん卒業が悲しすぎてドキュメンタリー三昧してみたんだ~夜明けまで強がらなくてもいい~

最近、今更ながらはまっているアイドルグループがいる。

そー、何を隠そう国民的アイドルグループ「乃木坂46」だ。

毎日お仕事頑張った疲れを週一回の「乃木坂工事中」を見ることで癒される日々。

・齋藤飛鳥(1期生)

・秋元真夏(1期生)

・星野みなみ(1期生)

・与田祐希(3期生)

・遠藤さくら(4期生)

・生駒里奈(卒業生)

・西野七瀬(卒業生)

などなどのメンバーをやっとこさ覚えてきた位のそんな超にわかファンではあるが、そんな中超スーパーウルトラにわかファンの私でも一瞬でわからされてしまうほどの圧倒的に完成されたセンター感なオーラを放っているメンバーがいる。

そー。「白石麻衣」こと「まいやん」だ。

いや、逆か。

「まいやん」こと「白石麻衣」。

そんなまいやんが2020年3月25日に発売となる25thシングル(タイトル未定)の活動終了をもって卒業するという超悲しいニュースが耳に入ってきた。

乃木坂46は2011年8月21日に結成しているよーなので、およそ8年以上も活動していることになる。

そんなことはつゆ知らず、私がまいやんに出会ったのはおーよそ多分8カ月位前の深夜にたまたまつけたテレビの「乃木坂工事中」というバラエティ番組だというのに。

出会って8カ月。もう卒業。

せっかくまいやん完全に覚えたのに悲しす。

しかも、生駒ちゃんやなぁちゃん(西野七瀬)なんてもはや私が存在を認知したころには既に卒業済だというじゃないか。

なんてこった。

時代の流れは早い。

ということで、そんな悲しみを紛らわすために乃木坂46のドキュメンタリーを見まくってみた。

「夜明けまで強がらなくてもいい」のType-A~D(それぞれ1期生~4期生)及び映画で公開された「いつのまにかここにいる」だ。

f:id:senonichijo:20200118014311j:plain

もーね。

感動。

特に映画の方ね。

アイドルってすごいね。ドキュメンタリーってすごいねと思わせられる。

ピアノとクラシックの音楽とか渋い声のナレーション等のドキュメンタリー感が謎の感動を呼び寄せる。

卒業していくメンバー。残されたメンバー。泣きながら抱きあうメンバー。大勢のファンたち。

そこに一握のビジネス的な商業的な何某があるのを邪推する心理が脳裏によぎり、完全に交じりっ気のない潔白な心で可愛いアイドル達を眺めて癒しを求めようとする私の身体を侵食してくるのを必死にこらえながら、きちんと感動させようとしてくるドキュメンタリーの訴求ポイントに合わせ、防御力0で感動させられに飛び込む。

いやー。実によかった。

なぁちゃんの卒業シーンは、なぜか目に水たまりができて視界がゆがんでいくし、

与田ちゃんとなぁちゃんの仲良しさ加減の癒され具合なんてまさにベホマズン級!

飛鳥ちゃんの成人式姿も超かわゆす☆彡

 

・・・(´・ω・`)

・・・・・・(´・ω・`)

・・・・・・・・・(´・ω・`)

なんだこのテンションw

ということで、今回は生まれ変わったらアイドルな人生もいーかもなぁって思ったって話でーした(*^^*)♪

現世はゆるふわSEがんばります☆彡

www.2019-nogizaka46.jp

 

 

でゎでゎ☆彡