ゆるふわSEの日常♪

IT業界でゆるふわSE(ゆるーく楽に仕事をしたいw)になりたい人あーつまれ(*´▽`*)♪

SEにとっての部下の育て方について考えてみたんだ♪〜部下が育たないのは本当に部下のせいなんだろかー(´・ω・`)?〜

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)


今回は、SEにとっての部下が育たない理由についてちょっと考えてみたいと思いまーす!

 

 

皆さんも新入社員でなければ部下を持つプロジェクトを経験することもあると思います。

そこで部下から質問をされる時もあると思います。その際にきちんと部下が成長できるよーな教え方をしていますでしょーか?

 

私はよく新入社員や若手に教える時は、

①まずはきちんと自分の頭で一生懸命考えてね✨(*´ω`*)

②一生懸命考えて分からなければインターネットもしくは書籍で調べて参考となるところがないかみてみてね✨(*´ω`*)

③それでも分からない場合はどこがわからないか自分なりに整理して聞くんだぞ✨(*´ω`*)

という流れがいーよー♪と教えています。たまに考えなしに質問してきてるなと感じたら上記を逆質問してちゃんとプロセスを踏んでもらうよーにしています。別に①②のプロセスは10分ずつとかの短時間でもいーんです!まずは自分の頭の中に問題に対する解決方法の引き出しがあるかを少しでも考えてもらうのが重要。そして、頭の中になければそれを解決に導くためにネットや書籍であたりをつける力もとっても重要。そして自分一人で解決が難しそーと判断して初めて上長に質問に行くのです。

 

下手な考え休むに似たりともいーますので熟考は禁物。長くても30分考えたり、30分調べて出てこないものはきっと出てこないので有識者に聞いちゃった方が効率がいーと個人的には思っています。一日中考えたり調べてもわかんなかったことを隣の人にちらっと聞いたら普通に知ってて解決とか意外にあったりしますw

 

まぁ段々慣れてくると『これは自分で調べるより先にこのタイミングで聞いちゃった方がいーな』とか、『他の業務を並行で進める必要があるから質問だけ投げとこ』とか、肌感覚でわかってきてさらに効率的に時間を使えたりするのですが、それまでは上記のプロセスを踏んでいた方が無難です。

 

上記方法をとって、不明点を解決に導いてあげ、少しずつ難易度の高い業務をこなしてもらい、適宜進捗確認とフォローをして、少しずつ信頼していることを伝えつつ仕事を任せていき、成長したらその都度褒めてあげたり、ミスをしたらきちんと注意し、原因や再発防止策なども考えさせたりする事で、いー感じに部下は育っていくと思っています。人間信頼されてると感じたり、うまくいって褒められたりしたらとっても嬉しいですからねw

 

ですが、中には部下が全然育たない。なんでこんなに出来ないんだろー?といった悩みを抱えている上長もいたりします。そーいう人は部下に原因を求める前に自分自身の教え方に原因がないかどーかを考えてみるのが大事だと思っています。

 

なんであの後輩はあんなに出来ないんだろーって思っている人にちょっと疑問なのは、それって本当に後輩のせいなの?!ってところが非常に気になります。

 

後輩は先輩に『教えられている』訳で、先輩は後輩に『教えている』訳ですよね?

ということは教えている先輩がいる訳です。

なぜ後輩が育たないのか?というところで後輩だけに問題を見いだそうとするのは、『自分の後輩に対する教育が100パーセント完璧だ、だけどうまく育たない』という前提がないと成り立たないと思うんですよねぇ(´・ω・`)

 

自分の教え方には1ミリも問題はないのか?!と言ってやりたいですねwまぁこーいう人は大体そんなことつゆほども考えることなく、その部下をダメな部下という評価を下す傾向にある気がしています。私から言わせれば教え方の悪い上司の方がタチが悪いと思いますけどねwこのパターンの上司もある意味以前の記事でお話したよーにブラック上司に当たるかもしれません。上司だけが部下を評価するなんて不平等だ!むしろ部下にも上司を評価する制度があってもいーんじゃないか!と思っちゃいますw

 

話逸れちゃいましたが…

『教える側にも問題があるんじゃないの?』

 

その一言をいーたかっただけのお話でーした(o^^o)

 

でゎでゎ☆彡

 

 

SEにとってどーしよーもないほど無能なブラック上司と遭遇してしまった時の対処法について考えてみたんだ。

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

 

皆さんは長いSE人生、もーどーしよーもないくらい無能な上司と遭遇した経験はありますでしょーか?ブラック企業ならぬ、ブラック上司って結構はびこってたりすると思います。


今回は、SEにとってのどーしよーもない上司に遭遇した時の対処法についてちょっと考えてみたいと思いまーす!

 

 

では、どーしよーもない上司ってどんなタイプの人がいるんでしょう?タイプ別に独断と偏見だらけですがw考察してみました!

■セクハラ上司

→もー人として論外だと思います。全力で通報ですねw

 

■パワハラ上司

→もー人として論外だと思います。パート2。高圧的な態度や、部下を貶めるかのような物言いなど『あんたはどんだけ偉いねんw』って思うくらいの人がたまにいたりします。たまたま上の立場にいるだけかもなのに、今後職位を抜かれたらどーするんですかねwおんなじよーな扱いしちゃっていーんですかねwタチが悪いのが技術レベルがものすごく高いのにそれに天狗になって『俺についてこれない部下はいらない』とか言っちゃう上司。上司と同等レベルの部下なんて稀有な存在です。いかに部下の士気を高めつつ、少しずつ難易度の高い業務を経験させることで成長を促し、適度にフォローしながらプロジェクトを推進するのが上司の役割なのにこーいう人は本質を履き違えていますよねw大体こーいう人の下につく社員や協力会社の人は当たり前ですけど、ついていけず異動を願い出たり、契約継続とならなかったりするんですが、本人達がそのスタイルを続ける限りこの流れが解消されないのが問題ですね。会社的には損害でしかないと思います。こーいうブラック上司は技術レベルがどんなに高くても全く尊敬に値しないので、学べる技術だけ学んで、後は全力で回避することをお勧めしますw

 

・責任なすりつけ上司

→上司の役割の一つはきちんと責任を取ることだと思っています。が、何か起こればそれは部下のせいとばかりに責任をなすりつける上司がいたりします。上司にそんなことされたら部下は一体誰に頼ればいーんですかねw責任も取らないのにその役職にいるの、なんか変だよね?!って思います。年功序列で上がっただけの上司によくありがちかもです。これも全力で回避したいです。

 

・技術レベルの低すぎる上司

→技術レベルが低すぎるために上司としての役割を果たせていない人もたまーに見かけます。よくあるのが、技術レベルが低すぎるのにPMをしている人。技術的な相談をしても話がマジで通じないので、自分でなんとかするしかないと危機感を覚えること多々ありですw普通はプロジェクトメンバと結託してお客さんをどー口説き落とすかとか、プロジェクトを円滑に進めるためにどーしよーかとか考えたりしますがこの場合、プロジェクトのPMと意識を合わせるのが困難であるためお客と戦う前に、無能PMと戦う必要があるため、不毛な時間を割かれることになりがちです。進捗もまともに管理しない、トラブル時の対応も技術が分からないので適切な指示が出せず無駄にあたふたするなど、このタイプのブラック上司は関わってろくなことがありません。まだ技術レベルの高いパワハラ上司の方が技術的に学べる事が多いのですが、前述の上司タイプに当たった人は全力で回避することをお勧めします(´・ω・`)

 

 ・仕事丸投げ上司

→『これxxまでにやっといて。』という突然の無茶振りと『できた?』の二言しか発言しない上司もいたりしますwこれを聞くたびに上司の仕事ってなんて楽なんだなぁwって思ったりしますw投げるのはいーけど管理とフォローもちゃんとしろよと(´・ω・`)

 

ということでいくつかのタイプのブラック上司をご紹介しましたが、いかがでしたでしょーか?!

残念ながら部下は上司を基本的には選べません(´・ω・`)誠に残念ながら。

まぁその逆もしかりで、部下も基本的には選べないんでそこもまた違った思いがあったりするんでしょーがそちら側の考察はまたの機会でw

 

結局、運要素が高いんですが、なるたけ関わらなくていーならそのさらに上の上司に相談するなどして全力でブラック上司は回避する方向がいーと思います。ホワイト企業でも残念ながらブラック上司は確実に一定数は存在すると思います。なのでそんな人のために自分のレベルを落とすのは非常にもったいないので、学べるとこだけ学んで、サクッと見下して、全力で回避!これでいきましょー!という結論に勝手にしました♪

 

ブラック!ダメ!絶対!

 

でゎでゎ★彡

 

SEにとっての本音と建前の大切さについて考えてみたんだ〜言いたいことも言えないこんな世の中じゃ(´・ω・`)♪〜

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)✨

 

皆さんは普段のお仕事の中で心のうちに秘める『本音』と対外的な『建前』を意識的に使い分けれていますか?!もしくは無意識レベルで使い分けていますか?

 

今回は、SEにとっての本音と建前についてちょっと考えてみたいと思いまーす!

 

 

私はですねぇ、新人の頃は本音も建前も使い分けというか区別がイマイチつかない中、なんとか社会人としてのビジネスマナーを身につけよーとしていました。そして最近はお仕事もだいぶ経験を積んできて慣れっこになってきたんで、本音出しまくりですw

 

なんとなくですが、社会人の理想としてきちんと本音と建前を使い分けるのがビジネスマナー的な風潮がある気がします。というかそっちの方が利口って考えですかね(´・ω・`)

 

実際には自分はこー思っているけど(本音)、相手が上司だからちょっと言ーずらいな(建前)。とか、これ本当にやりたくない仕事だけど(本音)、断ったら何言われるかわかんないしな(建前)。とかあると思います。自分の評価者がすごく苦手な人だけど(本音)、印象良くしとかないと査定に響くしなぁ(建前)とか。

 

でもこれってものすごく生きづらくないですか?マジでガチでいーたいこともいえないこんな世の中で♪ですよねw(´・ω・`)

 

私なんて本音出しまくりなのです!変なこと言ってる人がいたら上司だろうが容赦なく『ここ違いますよね?、こーした方が絶対いーすよwなんでやんないんすかwww』とか平気で言っちゃいますw昔から続いているわけわかんない制度とかあったら『なんでこんなこと皆やってんの?意味なくね?』とか言っちゃいますw

 

いーたいことを結構言ってる分、本音を我慢して建前を使うストレスはだいぶ少ないんですが、このスタイルを貫くのは結構社会人的には賭けなんじゃないかなぁとか最近ちょっと思ったりします(´・ω・`)

 

下の人からの自分への否定的な意見に対して、『こいつ若いのにちゃんと考えてんな、すげーな!評価してあげてーな!』というある意味実力主義や資本主義を理解している謙虚な人と、『こいつ何生意気言ってんの?俺に意見する気?』と言った年功序列で上にいるだけの化石のような人の2パターンが大体いたりします。

 

そこで、運良く前者側の上司に当たれば、評価されると思いますし、後者側の上司に当たればまず高評価どころか、まともな評価をされることはないと思うんですよねぇ。そりゃあ自分にガンガン意見してくる部下がいたら良く思う人は少ないかもですよねぇ(´・ω・`)

でも、私はおかしなことはおかしいと言える日本人になりたい!そー!NOと言えるゆるふわSEになりたいのですw

 

ということで、状況に応じて本音と建前を使い分けれる人が1番要領がいーのかもしれないなぁと思い、その辺を頭に入れて器用に振舞える人はすげーなぁと思った今日この頃というお話でーした(o^^o)✨

 

でゎでゎ✨

 

【思考実験】仕事とお金と物欲と向上心とハングリー精神の関係性ついて考えてみたんだ♪〜経済的に満たされてしまった時の精神状態について☆彡〜

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です(*´ω`*)

普段あまり意識しないことを真剣に考えてみよー!という『思考実験』のコーナー第2回目が始まりましたぁ(●´ω`●)✨ぱちぱちぱちー☆彡

 

…このコーナー、数か月振りの更新ですよw皆さんきっと存在自体を忘れてましたよねwww

 

ということで今回は、『仕事とお金と物欲と向上心とハングリー精神の関係性』についてちょっと考えてみたいと思いまーす!「部屋とYシャツと私」みたいなタイトルですねw

 

 

これをご覧になっている皆さんは社会人の方が多いと思いますので、普段きっとお仕事とか何らかの形でお金を稼いでいて、それでいて毎日ご飯を食べたり、お洋服を買ったり、お家賃を払ったりしていると思います。

これがいわゆる、「衣・食・住」という人が生活するうえで最低限必要なお金のかかるとこだと思います。まぁあとは、携帯やインターネットの通信費であったり、保険などの掛け金であったり、医療費であったりってところはおそらくその次位に必要なものかと思います。

そして、上記はほぼ最低限のものですのでお友達と遊んだり、お酒を飲んだり、趣味に使ったり等娯楽費のようなものも必要ですよね。

 

きっと、お仕事したての時とかは、「あれも欲しい、これも欲しいなぁ・・・(´・ω・`)」次のお給料やボーナスで買っちゃおうかなぁ(●´ω`●)でへへ・・・✨とか、たくさん妄想してそのためにお仕事頑張るって人も多いと思います。

好きなもの、欲しいものを手に入れるために節約をしたり、お仕事頑張ってお給料を上げたりする。とっても素晴らしいことだと思います。きっと、その目標とするものを手に入れようと計画するとき、そして待ちに待った買いたかったものやサービスを手に入れたときの喜びって言ったらね。もー想像するだけで、お顔がにやけてきちゃったりすると思います(*^-^*)w私も学生時代、数か月越しで欲しくて欲しくてたまんなかった中型バイクを買った時とかもー天にも昇るくらいの嬉しさ満点の状態でした✨www皆さんにもこのような経験が少なからずあると思います。

 

とまぁ、ここまでが前振りのお話です!

ここから、思考実験として考えるべきところですね。

 

あなたにとって「自身が満たされる」といった状態の金額はいくらですか???

10万円くらいでしょうか?学生ならば充分の大金ですね。

100万円くらいでしょうか??社会人であればちょっとものたりないかもですが、衣食住には困らない金額だと思います。

1000万円くらいでしょうか???贅沢な高級品などに浪費しなければお金で買えるものはたいてい手に入る金額かもしれません。

1億円くらいでしょうか????もはやセレブですね。どんな生活なのか想像もできませんw

10億円超でしょうか?????スポーツ選手や芸能人ですね。テレビの中の世界ですねwww

 

お金って面白いもので使わないと全く意味のない手段、ツールであるのに、ある程度持っていることで、謎の安心感を得ることができると思っています。

それは、お金にとって何らかの財やサービスと等価交換の価値があるところを誰もが共有しているからであり、ある人の本では「人生の7割程度の欲求はお金で解決することができる」と言っていました。(残りの3割は健康や、仕事に対する満足感、家族や恋人や友達などの人間関係、趣味などの充足感等で、今回は考察しませんがこちらもとーっても大事な部分だと思います。)

私もある程度はそー思っていて、「おいしいものが食べたーい!」、「おしゃれな流行りの服が着たい!」や、「広くてきれいなお家に住みたーい!」や、「旅行に生きたーい!」等、欲求は様々ですが、上記はほぼお金で解決しますよね?また、突然の冠婚葬祭の出費や医療費などのための貯金があるっていうのは精神衛生上の安心材料になりうると思います。

 

欲しいものを手に入れるために向上心を持って毎日お仕事頑張って、お金を稼いで、ご褒美として物欲などの欲求を満たす!手に入れたいもののためにハングリー精神を発揮する。とっても素晴らしいことだと思うのです☆彡

 

が、もしですよ。

ある程度まとまった金額を幸運にも、努力の有無にかかわらず手に入れてしまった場合。そしてある程度欲しいもの(必要なもの)はいつでも買えてしまうというレベルの経済力を手にしてしまった場合(羨ましいですがw)どのような精神状態になると思いますか?

 

私はなんとなく、ちょっぴりだけ人生はつまんなくなるんじゃないかと思うのです(´・ω・`)

どんな高級な食事だっていつでも食べれる。どんな高級な服だっていつでも買えるしたくさん持ってる。都心の一等地に豪邸を持ち、高級車を何台も所有し、ブランド品だって腐るほど持っている。って感じの状態(これは極端ですが個人にとっての物欲を完全に満たすことができている状態)を想像してください。

 

そこに至るまでのお仕事的な地位や名誉などがあればその過程は楽しいかもですが、なんか上記の状態って一時は楽しそうですが、しばらくたつとあんまり楽しそうじゃない気がしませんか?

 

RPGなどのゲームでいうと、主人公やパーティの仲間が敵キャラを倒して、経験値を手に入れてちょっとずつレベルアップして、ちょっとずつ強い武器や防具を手に入れて、だんだん強力な魔法を覚えたりアイテムを手に入れたりして、強いボスを倒したりするから面白いんですよね?それが、ラスボスを倒して裏ボスまで倒してレベルはMAXまでなって、伝説の武器を手に入れてステータスがカンストしてたらその世界では敵なしですwここまでやりこんだら、もーそのゲームってきっとやらないですよね?wwwあきちゃってつまんなくて、ほかのゲームをしたりすると思います。このたとえの経済版が今回のお話とおんなじように思えませんか???

 

なんだかんだ言って、人は何らかの報酬や承認欲求があるから頑張れたりするんだと思っています。

でもいったん経済的にあがっちゃった状態になると、経済面を目標としての向上心やハングリー精神っていうのは少なからず減少してしまうと思うんですね。

 

だから私はなーんとなく、色んな意味で幸せを感じるには別に大金持ちになる必要って全然ないんじゃないかなぁって思ったりします。

なりたいなぁって思う分は全然いーんですよ!あと、色んな頑張りの結果としてお金もちになっちゃったってのは全然ありだと思います。

うちは経済的にちょっと・・・っていうのも上記のような思考を持っていたら割と悲観することはないと思うんですよねぇ。その状況から楽しむ方法は案外たくさんあるような気がします。

 

ということで、ゆるふわに人生を楽しむためには、適度に(衣、食、住は大体困らず、ある程度趣味等にかけれる経済的余裕がある。)お金がある状態っていうのが相対的に幸せを感じれるんじゃないかなぁと勝手に思いましたぁというお話でーした(●´ω`●)

 

まぁ感じ方は人それぞれですが、こんな考えもあったりしますよぉーということで、私含めて多くの人は一般ピーポーだと思いますのでw一緒に頑張って、幸せレベルを上げていきましょうねぇ☆彡

 

※ちなみに下記はてぶろの記事がとっても共感できましたのでご紹介です♪

この考えはちょっと流行りの「ミニマリスト」に通じるとこがあるのかもですねwww

minimalist-t-blog.hatenadiary.com

 

でゎでゎ☆彡

 

【書評】「クラウドの象徴 セールスフォース」を読んでみたんだ♪~日本企業を変革する驚異の米国IT~

おはこんばんちは!ゆるふわSEの「ちょここ」です♪

皆さんは「セールスフォース・ドットコム」という会社をご存知ですか?

顧客関係管理(CRM)ソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービスを主な事業としている会社になります。

 

今回は図書館をぶーらぶらしてたら、そのセールスフォース社に関する本の「クラウドの象徴 セールスフォース」という本をたまたま見つけたので読んでみましたぁ♪

というのも、セールスフォースは以前少しかじったことがあるのでちょっとだけ興味があったのです(●´ω`●)

 

ということで、備忘もかねてちょっとだけご紹介しまーす♪

 

※2009年初版とちょっと古いですが、今読んでも特段問題のない普遍的な内容になっていました。

 【一言紹介文☆彡】※あえて一言でこの本を紹介するならのコーナー✨

「これを読めばセールスフォースとCRMのことはもちろん、実際の企業の抱えている課題からセールスフォースを採用することで解決へと導かれた導入事例まで丸わかり?!」な本です(*´▽`*)

※普段Salesforce関連のお仕事をしている方の息抜きにおすすめですw

 

【概要☆彡】※amazonより抜粋 

Amazon、Googleと提携し、マイクロソフトに挑戦するトップランナー企業の正体とは?!
デルやローソンなどの大企業のみならず、日米の公共機関にも続々と導入されるセールスフォース。エコポイントも定額給付金もこれで動いている!
不況を追い風に伸びる、クラウドのトップランナー企業を徹底分析!

 

【セールスフォースの優れている点】

※本を読んで優れていると感じた点を下記に5つまとめましたぁ(●´ω`●)

①システム導入のスピード

⇒クラウドの場合、ユーザ企業は基盤となるシステムとして、既に構築済みのものを借りる形になるので、サーバの設置期間やゼロからのシステム開発期間が不要になる。
必要なのは各企業の業務に合わせたカスタマイズ期間と、それに伴う動作検証期間等になるので、システム導入までのスピードがオンプレミスに比べて圧倒的に早い。

 

②コスト

⇒サーバなどの資産を購入する必要がないため、オンプレミスに比べ初期導入コストが圧倒的に安い。(お試しレベルでスモールスタートが可能)

たとえ、導入効果が見られなかったとしても、解約するだけでよいので無駄な資産が残らない。

 

③変更容易性

⇒簡単な設定変更であれば、ITに精通していないユーザ自身でも自由に実施することが可能。

 

④システムの維持管理

⇒クラウドを用いることで、サーバの維持管理から解放され、オンプレミスで同等のシステムを維持管理する場合に比べて、担当者の負担が数分の一になる可能性がある。

 

⑤バージョンアップ

⇒バージョンアップはセールスフォースにて実施、基本無料でありユーザ側の追加投資は不要。

 

【印象に残ったセンテンス】

・クラウドの本当の利点は、コストの安さではなく笑顔で仕事ができることなのかもしれない。
⇒オンプレミスでは、ある程度完全なものをスタート段階から完成させなければならないゆえに、コミュニケーションのストレスが大きい。

クラウドは、「やり直しがきく」ということがITに関わる多くの人にとってプラスに働いている。

 

【感想☆彡】

ITに関しての知見がない人でも、IT用語に関して分かりやすく解説が書いてあるので、すらすら読み進めることができる良書です。

私の場合はセールスフォースの開発基盤である、「Force.com」で開発されたアプリケーションを少し触ったことがあるので、文章で書かれていた利点も、実際の画面や機能を思い浮かべ、納得しながら読み進めることができました。

個人的にはセールスフォースの創業者である「マーク・ベニオン」がアップルやオラクルを経て独立するまでのエピソードが面白かったです。

セールスフォース関連のお仕事に携わっている方はもちろん、クラウドに興味のある初学者にもお勧めに一冊かなと思いましたぁ(●´ω`●)

 

でゎでゎ☆彡